祥伝社黄金文庫<br> 寺田寅彦の科学エッセイを読む

個数:
  • ポイントキャンペーン

祥伝社黄金文庫
寺田寅彦の科学エッセイを読む

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 21時40分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 260p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784396315863
  • NDC分類 404

内容説明

線香花火/金米糖/身長と寿命/音の世界/透明人間/自然界の縞模様/蓑虫と蜘蛛/蜂が団子をこしらえる話/鳶と油揚/夕凪と夕風/地震雑感/神話と地球物理学…全35篇をわかりやすい解説と共に。

目次

1章 事物の観察(茶碗の湯;塵埃と光;花火 ほか)
2章 日常現象(電車の混雑について;こわいものの征服;人魂の一つの場合 ほか)
3章 生物世界(藤の実;沓掛より・草を覗く;思出草 ほか)
4章 地球物理学(凍雨と雨氷;瀬戸内海の潮と潮流;夏の小半日 ほか)

出版社内容情報

寺田寅彦のエッセイの中から科学に関する35篇を集め、科学者・池内了による解説を加えたエッセイ集。

「今、なぜ寺田寅彦か」と問えば、
文化としての科学の原点を取り戻したい、
同時に科学はどのような方向へ進むべきかの指針が欲しい、
そんな気持ちが誰にもあるからではないかと思う。
大震災と原発事故を経験して、科学は本当に人間を幸福にしたのかと問いかけながら、
しかし科学と縁を切って生きることもできない。
もう一度、現代の科学を見直すためには寺田寅彦は格好の道標なのである。
(池内 了)

※本書は、『椿の花に宇宙を見る』(夏目書房、1998年刊行)における寺田寅彦のエッセイに、新たにまえがき、解説を加えたものです。

まえがき―今、なぜ寺田寅彦か
序 窮理日記
1章 事物の観察
2章 日常現象
3章 生物世界
4章 地球物理学
寺田寅彦・年譜

【著者紹介】
総合研究大学院大学理事・教授。天文学者、宇宙物理学者。1944年、兵庫県生まれ。京都大学理学部卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。北海道大学助教授、国立天文台教授、大阪大学教授、名古屋大学大学院教授、早稲田大学特任教授を経て現職。専攻の宇宙物理学では「泡宇宙論」の業績を挙げる。文系と理系の分裂を嘆き、「新しい博物学」を提唱。大佛次郎賞、講談社科学出版賞の選考委員も務める。著作に『中原中也とアインシュタイン』(祥伝社黄金文庫)、池内了責任編集『寺田寅彦』(河出書房新社)、『生きのびるための科学』(晶文社)がある。