祥伝社黄金文庫<br> ビッグコミック創刊物語

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

祥伝社黄金文庫
ビッグコミック創刊物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 19時37分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 384p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784396315818
  • NDC分類 726.1

内容説明

社内で行き場のない編集者が集まる“吹き溜まり”と揶揄されていた「第二編集部」で産声をあげた『ビッグコミック』。創刊編集長の小西湧之助は、自分たちを泥底に棲む夜行性の小ナマズにたとえ、“でも、いつか世の中を揺り動かす大マナズになってやる”と誓った。「泥底」の一癖も二癖もある編集者たちは、そんな小西の号令のもと、灰皿の飛び交う編集部で熱く激論を交わしあう。その思いが白土三平、手塚治虫、石森章太郎、さいとうたかを、水木しげるら人気作家たちを惹きつけ、「子供のもの」と揶揄されていた青年コミックの市場を切り拓き、「ビッグコミック・ファミリー」と呼ばれる人気派生誌を次々に生み出していく。コミックファン、作家ファンのみならず、働く男必見の感動の物語。

目次

第1章 目指したのは大人の鑑賞にたえる読み物雑誌
第2章 編集部誕生―5人のうち3人は漫画編集未経験
第3章 編集長は自称“漫画を否定していた編集者”
第4章 5大作家が対抗心剥き出しで競い合う
第5章 平面的な伊坂芳太良から立体的な日暮修一へ
第6章 灰皿がUFOのように飛び交う編集部
第7章 青年コミック誌の戦国史
第8章 偉大なるマンネリ―変わらぬ編集スタイルで成功
第9章 悪の要素を持ったヒーロー『ゴルゴ13』

著者紹介

滝田誠一郎[タキタセイイチロウ]
ノンフィクション作家/ジャーナリスト。1955年東京生まれ。青山学院大学法学部卒。ノンフィクション作家として各界各分野の人物を主人公にしたヒューマン・ドキュメンタリー作品を執筆。その一方でジャーナリストとして雇用問題、人事問題をテーマにした取材・執筆活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)