祥伝社黄金文庫<br> 京都カフェ散歩 - 喫茶都市をめぐる

個数:
電子版価格
¥838
  • 電書あり

祥伝社黄金文庫
京都カフェ散歩 - 喫茶都市をめぐる

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月21日 04時48分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 255p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784396314965
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0195

出版社内容情報

「京都は街自体が一軒の巨大なカフェだ」
――そんなことばに魅せられ、旅した67の喫茶時間。
Webサイト「東京カフェマニア」で人気の著者が豊富なフォト&エッセイで案内。

*エリア別マップつき
“いちげんさん”にも常連客にも、コーヒー一杯分のおもてなし。
○珈琲とエスプレッソ/直珈琲(河原町)…
○京都の歴史と共に歩んできた喫茶店/フランソア喫茶室(河原町)…
○カフェの源流から河口まで/CAFÉ Doji(北山)…
○本と珈琲、音楽と珈琲/エレファントファクトリーコーヒー(河原町)…
○町家、洋館、長屋をカフェに/前田珈琲 明倫店(四条烏丸)…
○お茶の香りに誘われて/好日居(岡崎)…
○食の愉しみ/はちはち Infinity Café(西陣)…
○コラム/対談:奥野修(六曜社 地下店)×オオヤミノル(オオヤコーヒ)/京都で出会った珈琲焙煎人たち…

京都にはカフェが多い。
それも、とびきり魅力的なカフェが。
一度訪れた人を再び何度でも呼び寄せてしまう京都の吸引力は、良いカフェのそれと同じ。
「東京カフェマニア」の著者が、豊富なフォト&エッセイで綴る、贅沢なカフェ案内。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

49
付箋だらけになった。本好きとしてはやはり本を読める所をまず訪れたい。これから寒くなるまでは、鴨川や高瀬川沿いのカフェも惹かれる。今まで友人に連れて行ってもらった所が7軒。その様子とここでの紹介され方を比べると、概ね正しい感じ。苦手もあったが…、あのタール様のコーヒーは飲めなかった…。今月は京都に連日通わなければならないので、息抜きに数軒行ってみよう!カフェというより、和式喫茶店も数軒紹介されていた。個人的にはやはりコーヒーを飲みに行きたい。2013/09/03

きつねこ

44
京都の街の喫茶室がいっぱい~。カフェでも喫茶店でもなく喫茶室って感じかな~。お店ごとの繋がりや歴史も読み取れ興味深い~。ん十年前の私の学生時代からあるお店もちらほら。残念ながらバイトしていた喫茶店はとうになくなってしまいました。ネルドリップでたててたの、思い出しました。バイト歴代のアルバムがあったなあ。2015/03/25

mitei

43
やっぱり京都はいいなぁ。2012/01/28

とびほびこび

42
「まさかこれほどとは・・」という程の衝撃を受けた魅惑の京都カフェ。少なからず京都の珈琲店に対するイメージはいままでぼんやりと描いていたが、それをはるかに上回る事がこの本を読んで分かった。もはや店そのものが芸術作品のように存在し、癒しと安らぎの空間を提供してくれる。特に印象深いのはモームの小説と同じ店名「月と六ペンス」。厳選された本に囲まれたカフェはひとときの夢にひたれる静謐な「月」の世界という表現がなんとも心憎い。この本片手に京都旅行に行きたくなること間違いなしです。2015/02/08

サルビア

39
この本は、確か単行本サイズですが、私が読んだのは文庫本サイズの方でした。中身は同じかと思いますが、このサイズだと持ち運びに便利です。 川口葉子さんが巡った京都のカフェの数々はどれもとても素敵で、時間をかけてゆっくり回ってみたいです。中でも直珈琲とcafé dojiとcafé ヘロンに行ってみたいです。2015/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/538136
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。