祥伝社新書<br> 日本人と中国人―“同文同種”と思いこむ危険

個数:
電子版価格
¥902
  • 電書あり

祥伝社新書
日本人と中国人―“同文同種”と思いこむ危険

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月16日 21時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 262p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784396114879
  • NDC分類 361.42
  • Cコード C0239

出版社内容情報



陳 舜臣[チン シュンシン]

内容説明

中国を知り、日本を知る最良の入門書。同じ黄色人種であり、漢字や食文化などの共通性から、日本人は日本と中国を「同文同種」と考えやすい。しかし著者は、日本人と中国人は「似て非なる存在」であり、中国の多様性を十分に理解しない日本人は誤解の陥穽に陥りやすいと言及。両国の違いについて、具体的事例を用いて、比較・検証する。本書の初版は一九七一年だが、時事的要素を避け、歴史や古典を基にすることで、本質をとらえることに成功している。現在の日中関係を考えるうえでも、大いに参考になるだろう。

目次

第1章 日本人と中国人に関する一問一答―あなたは一体、どれだけ知っているか?
第2章 脣と歯 つきあいの歴史―中国の古典から見た日本の歴史
第3章 “面子”と“もののあわれ”―決定的なちがいは、日本に黄河がなかったこと
第4章 ことだま―“同文同種”と思いこむことの危険
第5章 “血”と“文明”―日本文明の源は“血統への信仰”にある
第6章 “完全”と“不完全”―バランスを尊ぶ中国人と、アンバランスを好む日本人
第7章 “人間くささ”と“ほどのよさ”―自殺ひとつとっても、これだけのちがいが…
第8章 われら隣人―長短相補う国家、そこに摂理が…

著者等紹介

陳舜臣[チンシュンシン]
1924年、兵庫県神戸市生まれ。1943年、大阪外国語大学印度語科卒業。同校西南亜細亜語研究所助手を経て、家業の貿易業に従事。1961年、『枯草の根』で江戸川乱歩賞を受賞し、作家生活に入る。1969年、『青玉獅子香炉』で直木賞受賞。以後、日本推理作家協会賞、毎日出版文化賞、大佛次郎賞、吉川英治文学賞、朝日賞、日本芸術院賞などを受賞。2015年1月、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おさむ

38
巷には嫌中本が溢れているが、40年以上前のこの新書を読んでほしい。華僑の子孫で直木賞作家の陳舜臣が日本人と中国人の違いを説得力ある筆で説く。日中双方は150年前まで「どうでもよい隣人」だったが、幕末明治からそうはいかなくなり、すれ違いが今日まで続いている。役に立つと分かればすぐ取り入れる日本と時間がかかる中国。形式主義、説得主義の中国と血統主義の日本。殺や鬼という字をめぐる意識の違い。シンメトリーの中国と不完全の日本人。ただ、両者は人間至上主義という共通項も。違いを認めつつ付き合っていく必要がありますね。2017/11/16

takam

16
中国人と日本人がなぜ分かり合えないかについて。70年代後半に書かれた本だが、扱っているネタが本質的なため現代に生きる我々も肌身に感じることが描かれている。中国人が人に可能性を抱き、独裁政権を生みやすい文化であるという点が分かった。また、儒教支配から逃れたいことが革命の契機になり、太平天国の乱や文化大革命といった事件が発生するという指摘は面白い。彼らはキリスト教やマルキシズムといった思想を理解せずに政治利用する。また、科挙で詩が重要視されるように、中国では文人と政治家の距離が近い文化を生んだ。2020/05/04

マッピー

9
「同文同種」使われる言葉と人種が同じ、という意味だそうです。ちょっと古い本なので時代の違いなのかもしれませんが、日本人と中国人、人種が同じと思うことが日本人の共通認識なんでしょうか?日本人と中国人の人種が同じとは全然考えられないのですが。ましてや、同じ漢字を使っているから分かり合えるというのも勘違いで、同じ漢字でも意味が違うことは多々ありますし、今の中国の簡体字と日本の漢字はもう別物でしょう。それを踏まえた上で、日本と中国の違いというのが目新しくて面白い。お互いにわかりあう努力をすればいいと思うのだけど。2019/06/08

ロッキーのパパ

9
評価は★★☆(満点は★★★★★) 当たり前だけど歴史に関する話は今でも古さを感じない。文革中に刊行された本なので、同時代性は感じられない。読んで損はない本だけど、敢えて新刊として発行する意味があるのか疑問だ。できれば、経済発展した今の中国を素材に書いたエッセイも読んでみたかった。2017/03/16

mymtskd

6
50年ほど前に書かれたものだが、歴史を鑑みながら本質的なところを述べているので、現在でも十分納得できる内容だった。中国と日本は漢字を使い似たような顔つきの「同文同種」に見えて思考や価値観は全く違う。個人的に思うには、グローバルには日本の方がマイノリティなのではという気がしている。古来より皇帝の象徴である龍と鳳の意味が大変興味深かった。2021/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11222647
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。