音律論―ソルミゼーションの探究

個数:

音律論―ソルミゼーションの探究

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 133p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784393937914
  • NDC分類 761.12
  • Cコード C0073

内容説明

「53分割法」のコンマ値による純正律教育のすすめ。純正音程の使用を強調するヘルムホルツの考察を援用しつつ、あるべき音楽の姿をめざし伝統的な「移動ド」教育システムに学ぶ。

目次

音律論への序―「純正律」と「平均律」はどこでどう違うのか
音律論:ソルミゼーションの探究―伝統的な「移動ド」教育システムに学ぶ(なぜ『退け、暗き影「固定ド」よ!』と叫ぶのか;積極的に純正律教育を目指す伝統的な「移動ド」教育システムに学ぶ;「旋法」とはなにか;規則「三全音はファ‐シ」について)
付論1 純正律のために戦うヘルムホルツ
付論2 ボザンケの純正律オルガン その手鍵盤について論ずるヘルムホルツ

著者紹介

東川清一[トウカワセイイチ]
1930年生。音楽学者。東京藝術大学楽理科卒業。アレキサンダー・フォン・フンボルト財団給費留学生としてケルン大学音楽学研究所に留学。東京学芸大学教授、東海大学教授を経て、東京学芸大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

音楽教育に欠かせない音律の知識。純正律でこそ美しい演奏ができる。伝統的な移動ド唱法を推奨する著者の総決算。