進化するモーツァルト

個数:
  • ポイントキャンペーン

進化するモーツァルト

  • 樋口 隆一【編】
  • 価格 ¥2,700(本体¥2,500)
  • 春秋社(2007/11発売)
  • ゴールデンウィークポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 50pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 267,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393937686
  • NDC分類 762.346

内容説明

天才作曲家という枠を超え、変容し続けるモーツァルト。現代におけるモーツァルト研究の最前線その諸相を「受容」「創造」「資料」の視座から多角的に捉える、第一級の論考集。

目次

モーツァルト受容の諸相(二〇〇六年の視点から見たモーツァルト受容史;音楽祭創設以前のザルツブルクのモーツァルト受容;モーツァルトとヴィーンの聴衆 ほか)
創造の糧として(モーツァルトとメンデルスゾーン―『ジュピター』のピアノ連弾用編曲をめぐって;リストがとらえたモーツァルト像;二十世紀ヨーロッパ音楽におけるモーツァルト受容)
資料研究の視座(ラノワ・コレクションのモーツァルト資料;日本のモーツァルト伝承―前田育徳会所蔵のスケッチを中心に)

著者紹介

樋口隆一[ヒグチリュウイチ]
1946年東京生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程修了。ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生としてドイツ留学。シュトゥットガルト聖マリア教会代理合唱長、ゲッティンゲン・バッハ研究所客員研究員を歴任。『新バッハ全集』における教会カンタータ校訂の業績により、テュービンゲン大学哲学博士(音楽学)。現在は、明治学院大学文学部芸術学科教授。音楽文献目録委員会委員長。DAAD友の会会長。日本アルペン・ベルク協会常任理事。第3回京都音楽賞評論研究部門賞、第2回辻荘一賞受賞。『バッハ』『バッハ・カンタータ研究』『バッハ探究』『バッハの四季』『バッハから広がる世界』など著書多数。ザールブリュッケン国際バッハ・ピアノコンクール名誉評議員、第2回パリ国際オルガンコンクール審査員、ヴィーン大学音楽学研究所客員研究員として国際的に活躍。1994年、指揮活動も再開。2000年、明治学院バッハ・アカデミーを設立、芸術監督として活躍。2006年、同合唱団を率いてライプツィヒ国際バッハ音楽祭出演。2002年、オーストリア学術芸術功労十字章受章。2007年より国際音楽学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

モーツァルト生誕250年記念シンポジウムの講演集。天才作曲家という枠では捉えきれないその諸相を、多角的に紹介。