グレン・グールド論

個数:
  • ポイントキャンペーン

グレン・グールド論

  • 宮沢 淳一【著】
  • 価格 ¥4,320(本体¥4,000)
  • 春秋社(2004/12発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 80pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月10日 21時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 478,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393937570
  • NDC分類 762.51

内容説明

グールドは、なぜバッハの『ゴルトベルク変奏曲』を2度録音し、なぜ、演奏会を否定し、電子メディアに未来を夢想したのか―。それを解く鍵は、荒寥と広がる北米の後背地「カナダ」にあった。グールドの忘れられたエッセイ「親友の言葉」を世界初収録。

目次

第1章 メディア論―聴き手とは誰か(演奏会活動の引退に向けて;電子時代の音楽論―一九六四年;「録音の将来」をめぐって―ラジオ番組と雑誌論文 ほか)
第2章 演奏論―“ゴルトベルク変奏曲”をめぐって(グレン・グールドの誕生;グールドにとってのバッハ;システムへの憧れ)
第3章 アイデンティティ論―グールドはなぜカナダ人なのか(「カナダ的なるもの」という問い;戯曲『グレン・グールド最後の旅』;アトウッドのサヴァイヴァル論 ほか)

著者紹介

宮沢淳一[ミヤザワジュンイチ]
1963年群馬県生まれ。1986年青山学院大学国際政治経済学部(国際政治学科)卒業、1988年早稲田大学第一文学部(文学科ロシア文学専修)卒業。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了、博士課程単位取得。早稲田大学文学部助手、同講師、トロント大学客員教授(外務省「日加平和友好交流計画」派遣)等を経て、法政大学・慶應義塾大学・青山学院大学・武蔵野音楽大学ほか講師。文学研究・音楽学・メディア論・文献表記法。カナダ研究・ロシア研究。第1回グレン・グールド財団栄誉賞(トロント、1999年)受賞