障害児の音楽療法―声・身体・コミュニケーション

個数:
  • ポイントキャンペーン

障害児の音楽療法―声・身体・コミュニケーション

  • 土野 研治【著】
  • 価格 ¥2,592(本体¥2,400)
  • 春秋社(2014/05発売)
  • 【ウェブストア限定】和書・和雑誌全点ポイント5倍キャンペーン(店舗受取サービスは対象外です)
  • ポイント 120pt
  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 267p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784393935842
  • NDC分類 378
  • Cコード C0073

内容説明

人を支え、繋げる音楽。特別支援教育における音楽活動など、さまざまな場面の実践の技法と音楽療法の原理。

目次

日本の障害児教育と音楽の系譜
音楽療法の対象児
音楽療法の定義
セッションの手順と展開
楽器

身体運動
コミュニケーション
自閉症児の音楽療法
特別支援教育における音楽活動
病弱特別支援学校における実践
小児リハビリテーションとしての音楽療法―後天性脳損傷児の音楽療法

著者紹介

土野研治[ツチノケンジ]
1955年東京生まれ。昭和音楽大学助教授を経て、現在、日本大学芸術学部教授、日本音楽療法学会理事。日本演奏連盟会員。国立音楽大学声楽科卒業後、埼玉県の特別支援学校(肢体不自由、知的障害、病弱)に勤務し音楽療法を取り入れた実践研究を行う。その業績に対し、音楽教育振興賞、埼玉県教育長表彰、下總皖一音楽賞を受賞。現在も大学内のセッションルームで実践を行っている。また声楽(バリトン)の演奏活動では、東京、京都、スウェーデンでリサイタルを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日野原重明氏推薦。障害児を対象とした音楽療法を知る最適の1冊。楽器・声・身体運動の扱い、セッションの手順、特別支援教育など。

【著者紹介】
1955年生まれ。日大芸術学部教授、日本音楽療法学会理事。国立音大声楽科卒業後、20年余り勤務した埼玉県の特別支援学校で音楽療法を取り入れた実践研究を行う。音楽教育振興賞、埼玉県教育長表彰、下總皖一音楽賞受賞。著書に『心ひらくピアノ:自閉症児と音楽療法士の14年』。