モーツァルト殺人法廷

個数:

モーツァルト殺人法廷

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393935484
  • NDC分類 943

内容説明

「モーツァルト死すべし」噂は噂を呼び、疑惑は疑惑を生む。史実にもとづく仮想裁判果たして判決はいかに…15人のうろたえる容疑者たち。カンカンガクガクキョキョジツジツ人間模様。

著者紹介

アンガーミュラー,ルドルフ[アンガーミュラー,ルドルフ][Angerm¨uller,Rudolph]
モーツァルト研究の国際的な第一人者。18世紀ならびに19世紀のヨーロッパ音楽史に関する著作も多い。1940年ドイツのビールフェルト近郊で生まれる。ビールフェルト音楽院でピアノ、コントラバス、音楽理論を学び、1961年から70年まで、マインツ、ミュンスター、ザルツブルクの各大学で音楽学、歴史などを学ぶ。1970年ザルツブルク大学でアントニオ・サリエリに関する論文で博士号を取得。1968年から1975年までザルツブルグ大学で教鞭をとる。1982年から国際モーツァルテウム財団の研究部門代表、1988年から財団の事務局長を歴任

久保田慶一[クボタケイイチ]
東京芸術大学院修士課程を修了。1999年、東京芸術大学より「博士(音楽学)」を授与。ドイツ学術交流会の奨学生として、ドイツ連邦共和国のフライブルク大学、ハンブルク大学、ベルリン自由大学に留学。現在、東京学芸大学教授

小沢優子[オザワユウコ]
東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。専攻は西洋音楽史。愛知県立芸術大学、名古屋音楽大学、南山大学各非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)