指揮者の奥義

個数:

指揮者の奥義

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 356p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393935156
  • NDC分類 761.9
  • Cコード C0073

内容説明

感性や経験でしか身につかないといわれるオーケストラの指揮。しかしドイツの指揮者シェルヒェンは「指揮は教えられる」という。約500にも及ぶ譜例を駆使し、第1、2部では楽譜の読み込み方、指揮者の養成方法、オーケストラの特性、各楽器の活かし方等を詳説。第3部では諸場面に応じた指揮法を、姿勢から動作に至るまで逐一具体的に教え、最後に3曲の実践課題曲で総仕上げをする(ベートーベン交響曲第1番他)。オーケストラ関係者のみならず器楽演奏者、つまり音の表現に日夜習練を積まれている方々に是非実践して頂きたい1冊である。

目次

第1部 指揮について(指揮の技術は教えることができる;指揮について特に知っておくべきこと;オーケストラの演奏と指揮)
第2部 オーケストラについて知っておくべきこと(弦楽器;管楽器;打楽器;ハープ)
第3部 指揮者のなすべきこと(指揮の技術;指揮の応用技術(実習)
実習例)

著者紹介

福田達夫[フクダタツオ]
1930年宮城県生まれ。1953年東京大学文学部美学美術史学科卒業(美学専攻)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

500に及ぶ作品例と実習曲を基に「指揮の教え方、学び方」を詳説した名指揮者による実践書。明晰かつ自在なタクト技が明かされる。