健康になれない健康商品―なぜニセ情報はなくならないのか

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり

健康になれない健康商品―なぜニセ情報はなくならないのか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年04月25日 21時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784393710807
  • NDC分類 498.3
  • Cコード C0047

内容説明

がん療法、サプリメント、美容法から母乳育児、有機農法まで。製薬会社の研究者だったサイエンスライターが、メディアにおどる健康情報の表と裏を、わかりやすく解説。

目次

1 リスクとは何か(「加工肉に発がん性」の意味;がんにまつわる民間療法 ほか)
2 「ナチュラル」の誤解(自然はどこまで安全か;ナチュラル神話の罠 ほか)
3 それでもお金を払いますか?(ニセ科学と科学のあいだ;コラーゲン幻想 ほか)
4 健康情報といかにつきあうか―情報武装で身を守れ(成長戦略に健康食品?;「効果がある」とはどういうことか ほか)

著者等紹介

佐藤健太郎[サトウケンタロウ]
1970年、兵庫県生まれ。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。医薬品メーカーの研究職、東京大学大学院理学系研究科広報担当特任助教等を経て、現在はサイエンスライター。2010年、『医薬品クライシス』(新潮新書)で科学ジャーナリスト賞、2011年、化学コミュニケーション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

メディアに踊るニセ科学、エセ情報に要注意! 医薬品会社の研究者だったサイエンスライターが健康情報の表と裏をわかりやすく解説。

企業のご都合主義にまみれたエセ情報、まぎらわしい広告にさらされている私たちが、最低限理解しておかなくてはならないこととは? 「科学は苦手。でも自分の身を守りたい」という読者にむけた、ちょっぴり知的なサイエンスエッセイ。

【著者紹介】
1970年、兵庫県生まれ。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。医薬品メーカーの研究職、東京大学大学院理学系研究科広報担当特任助教等を経て、現在はサイエンスライター。2010年、『医薬品クライシス』(新潮新書)で科学ジャーナリスト賞、2011年、化学コミュニケーション賞を受賞。著書に『炭素文明論』(新潮選書)、『「ゼロリスク社会」の罠』(光文社)、『世界史を変えた薬』(講談社現代新書)ほか多数。国道マニアとしても知られ、『ふしぎな国道』(講談社現代新書)、『国道者』(新潮社)の著作もある。