色のない空―虐殺と差別を超えて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393495230
  • NDC分類 289.2
  • Cコード C0095

内容説明

史上まれに見る強制労働・大虐殺を生き延び、日本に避難、言葉・文化の壁と闘いながら力強く生きるカンボジア女性の、感動の半生記。

目次

第1部 色のない空(生まれ故郷;惨劇の始まり;プノンペン強制退去 ほか)
第2部 「外国人」の壁を超えて(「希望の星」へ;難民定住促進センター;夜が怖い ほか)

著者等紹介

久郷ポンナレット[クゴウポンナレット]
1964年、カンボジア・プノンペンに生まれる。1975年、ポル・ポトによる暴政開始。両親、きょうだい4人を失い、自らも苛酷な強制労働に従事させられ、死の瀬戸際で一命を取りとめる。1979年、ポル・ポト政権崩壊。混乱の中、タイに脱出。留学中の姉を頼って80年に来日。その後苦学して小学校・中学校を卒業、1988年、日本人男性と結婚。90年、日本国籍を取得。現在、平塚市に在住し、在日カンボジア人子女の教育援助や講演などに活躍している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ポル・ポトの虐殺によって両親兄弟六人を失いながら辛くも日本に脱出,言葉や差別の壁と闘いながら難民子女の教育活動に邁進する現在までの半生を綴る感動のドキュメント。