アンドレとシモーヌ―ヴェイユ家の物語

個数:

アンドレとシモーヌ―ヴェイユ家の物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月23日 09時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393327067
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0010

内容説明

気むずかしくかんしゃく持ちの父アンドレ、現実感覚にまったく欠ける叔母シモーヌ、聖女のママンになった祖母セルマ、振りまわされてばかりの几帳面な祖父ベルナール、そして、叔母にそっくりな容姿で生まれてしまった「私」。ヴェイユ家の人々が「活き活き」とよみがえる。叔母シモーヌの死とともにばらばらになってしまった「家族」をつなぎなおすために紡いだ、“肯定”の物語。

目次

プラトンそれともディオファントス?
アンドレからの電話
白いトンネル
ふつうの小さな女の子
聖女の脛骨
シモーヌと共に生きる
砂糖壺の場所
ここで誰を祝うのか
洗礼を受けさせるのか
善良な修道女たち〔ほか〕

著者等紹介

ヴェイユ,シルヴィ[ヴェイユ,シルヴィ][Weil,Sylvie]
1942年アメリカ生まれ。フランス人作家。パリとニューヨークに在住。数学者アンドレ・ヴェイユを父に、哲学者シモーヌ・ヴェイユを叔母に持つ。学業はパリで修め大学教授資格(アグレジェ)をもち、アメリカの複数の大学で「フランス文学」を講義。2002年以降は作家活動に専心する。A New York,il n’y a pas de tremblement de terre(『ニューヨークでは地震はない』1984)で、ジョルジュ・サンド賞を受賞

稲葉延子[イナバノブコ]
1950年京都市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程でフランス文学を専攻。カリタス女子短期大学言語文化学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。