啓蒙思想としての仏教

個数:

啓蒙思想としての仏教

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年05月21日 18時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393323366
  • NDC分類 181
  • Cコード C0010

内容説明

ウィトゲンシュタインの言語ゲームと龍樹の空思想を軸に、無明=実在論を反実在論に転ずれば、仏教思想は相貌を一変し、和辻哲郎の説く「縁起‐内‐存在」の倫理の哲学史的意義も鮮明になる。本書の透徹した言葉を熟読玩味するときひらかれる新しい世界像にあなたは驚くに違いない。

目次

第1部 ウィトゲンシュタイン・大乗仏教・和辻哲郎(後期ウィトゲンシュタインの哲学と大乗仏教の空―その現代的意義;ウィトゲンシュタインの『哲学的探求』;後期ウィトゲンシュタインと大乗仏教;和辻哲郎の倫理学;倫理と宗教)
第2部 啓蒙思想としての仏教(啓蒙思想としての仏教;十二支縁起と八正道の原初形態;『スッタニパータ』)
第3部 追記(『正法眼蔵随聞記』偶感;慈悲と慈しみ;西洋対東洋―和辻哲郎の「風土論」に学ぶ)

著者等紹介

黒崎宏[クロサキヒロシ]
1928年、東京に生まれる。1966年、東京大学大学院博士課程(哲学)修了。長く成城大学教授を務め、現在は、成城大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ウィトゲンシュタインの言語ゲームと空の論理を用いて仏教の基本思想を解明、縁起内存在としての人間の倫理の構築を試みる仏教入門。