こころの健康シリーズ<br> 最新版 拒食症・過食症の治し方がわかる本 (最新版)

個数:

こころの健康シリーズ
最新版 拒食症・過食症の治し方がわかる本 (最新版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784391140460
  • NDC分類 493.74
  • Cコード C0077

目次

第1章 摂食障害とはどんな病気なのか(拒食症・過食症とは;からだにはどんな障害が起こるのか)
第2章 精神や行動にどんな影響が現れるか(精神面に現れる症状の特徴;行動にどんな異常が現れるか)
第3章 なぜ拒食症・過食症になるのか(やせを賛美する社会的背景;「耐性欠如」が摂食障害の要因 ほか)
第4章 どんな治療を受けたらよいか(どこで治療を受ければよいか?;治療を受けるうえでの基本的注意 ほか)
第5章 家族や周囲はどう対応したらよいか(治療の鍵をにぎる家族の理解と接し方;問題行動と親の対処法)

著者等紹介

高木洲一郎[タカギシュウイチロウ]
1943年生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。医学博士。国立病院東京医療センター精神科医長を経て、2001年より自由が丘高木クリニックを開設。慶応義塾大学医学部客員教授、日本心身医学会代議員。厚生労働省「摂食障害の治療の実際と予後に関する調査研究班」幹事。摂食障害が一般に問題視される40年以上前から研究・治療を進めている草分けであり第一人者

浜中禎子[ハマナカヨシコ]
1937年生まれ。国立金沢病院付属高等看護学院卒業後、石川県公立加賀中央病院勤務を経て、国立病院東京医療センター勤務、精神科看護師長として摂食障害治療の現場に携わる。1997年退職後も、患者・家族の相談者として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

摂食障害(拒食症・過食症)は近年増加していて、大きな社会問題にもなっています。病気の原因、治療法、家族の接し方についてわかりやすく解説。「摂食障害は医師のひとりの手だけでは治せない」とよくいわれますが、本書は医師と看護師がコンビを組んだ書籍で、長年治療に携わってきたノウハウが紹介されています。

第1章 摂食障害とはどんな病気なのか
拒食症・過食症とは/からだにはどんな障害が起こるのか
第2章 精神や行動にどんな影響が現れるか
精神面に現れる症状の特徴/行動にどんな異常が現れるのか
第3章 なぜ拒食症・過食症になるのか
やせを賛美する社会的背景/耐性欠如が摂食障害の要因/どんな家庭に多く起きるのか
第4章 どんな治療を受けたらよいか
どこで治療を受ければよいか?/治療を受けるうえでの基本的注意/薬を使った治療/集団療法と自助グループ/カウンセリングの進め方
第5章 家族や周囲はどう対応したらよいか
治療の鍵をにぎる家族の理解と接し方/問題行動と親の対処法