• ポイントキャンペーン

名医の図解 腎臓病に克つ生活読本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 159p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784391134902
  • NDC分類 494.93
  • Cコード C0077

内容説明

腎臓病を早期発見するために腎臓病の最新治療をわかりやすく解説。

目次

第1章 肝腎かなめ!腎臓の働きを知ろう(腎臓の構造(1)腎臓は毛細血管のかたまり
腎臓の構造(2)腎臓の基本はネフロン(腎単位) ほか)
第2章 腎臓病を早期に発見する(早期発見には自覚症状をあてにしない;おしっこの異常を見逃さない ほか)
第3章 病気別の経過を正しく理解する(急性糸球体腎炎―比較的経過の良好な腎炎;慢性糸球体腎炎―気づかないうちに進行する ほか)
第4章 腎臓病の治療と透析療法(病気の種類・進行度に応じて治療する;治療薬(1)利尿薬―むくみの改善や血圧の安定に有効 ほか)
第5章 食事と生活の注意で進行を抑える(食事療法―腎臓を守るには食事療法が重要;食事療法―摂取エネルギーは多くても少なくても× ほか)

著者紹介

富野康日己[トミノヤスヒコ]
順天堂大学医学部腎臓内科教授。医学博士。1949年生まれ。1974年順天堂大学医学部卒業。市立札幌病院、東海大学医学部内科助手、同講師を経て、87年に米国ミネソタ大学客員講師として招聘される。88年に順天堂大学医学部腎臓内科助教授、94年より現職。日本腎臓学会理事、アジア太平洋腎臓学会理事、日本糖尿病学会評議員、日本結合組織学会評議員、国際IgA腎症シンポジウム理事などに所属。専門は腎臓内科学。主にIgA腎症、糖尿病腎症、高血圧性腎障害、腎不全の臨床・研究、および教育に携わると同時に、腎臓病をはじめとする生活習慣病の早期発見・早期治療の重要性について啓発活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)