ゆずりはの詩

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784391133967
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0076

内容説明

青森・十和田湖畔にて北東北の手仕事に触れ、伝えてきた『暮らしのクラフト ゆずりは』店主が綴る老いゆく人の心と生きる力の間で起こる物語。

目次

1章 生きる力(女性が生き抜く道 赤屋敷タマさん・帯作り;命をつなぐ 小柳金太郎さん・桜皮細工;ひと針ひと針に、女性の幸せ 天羽やよいさん・菱刺し ほか)
2章 山の教え(父への感謝、息子への感謝 中川原信一さん・あけび細工;夢中になって生きる 菅原春雄さん・篭作り;老いてもなお 柴田市郎さん、吉田重太さん・篭作り ほか)
3章 いのち(当たり前のことが、大切 長郷マサ子さん・山ぶどうづるの縄;職人の志 工藤一三夫さん・馬具バッグ;昭和村 からむしが紡ぐ絆)

著者等紹介

田中陽子[タナカヨウコ]
青森・十和田湖畔にて『暮らしのクラフト ゆずりは』を20年前から営む。2005年には、ゆずりは東京店として東京・原宿に『ゆい』をオープン。十和田観光ホテルの女将業の傍ら、北東北の手仕事を続ける作家を訪ね作家の暮らしと心にも配慮し、現代に生きる用の美を提案し続け、広く支持を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。