十人十色の着物がたり―和風が暮らしいい。特別編集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 79p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784391129564
  • NDC分類 593.1
  • Cコード C0076

出版社内容情報

ふだんから着物を着なれている人10人ほどを取材し、「自分らしい」着物を見つけるための物語とヒントを説く。

目次

キャスター―渡辺真理さんの自分色の着物
ギャラリースタッフ―高橋康恵さんの初めての着物
染織家―加納容子さんのふだんの着物
主婦―伴久子さんの思い出の着物
ギャラリー店主―中西ルミ子さんのシンプルな着物
茶道家―マーガレット・プライスさんの憧れの着物
洋裁店店主―AZちゃんの「粋カワイイ」着物
ギャラリー店主―田中陽子さんの東北の着物
飲食店店主―山本彩香さんの沖縄の着物
歌人―高杉碧さんの半幅帯を生かした着物
エッセイスト―平松洋子さんの安心の着物

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

僕素朴

1
つやのある塗り下駄は夏用で冬は履かない。アジロ張り、シコロ張り、酒袋地、履き物の素材いろいろあるのね、素敵だなあ。歌人の高杉碧さんの衿合わせが、首が細く見えて抜きすぎず色っぽくてよかった。この本、香川と高知のお店が紹介されていた。四国って阿波しじらと伊予絣の木綿着物のイメージだけど、着物人口多いのかなあ。それとも、東京のお店に偏らないように、みたいなことなのかな。2018/11/24

百花

1
図書館から借りてきて、ページを開いてすぐに気付いた。読んでる、これ。一人目の渡辺真理さんの着物の柄まで覚えている。渡辺さん以外はどなたも存じ上げないが、どなたも日常に馴染んだ惚れ惚れする着姿。まだ十代の頃から着物に憧れていた私は、なるべく日常に取り込むために、早い頃から華道や茶道を習っていた。結婚してからも、茶道の稽古にはなるべく着物で通った。ああ、でもまだまだだな、とこの印象深い十人の着姿に教えられた気がする。2018/06/20

ひろ

0
日常着としての着物姿がたまらん!素敵。2014/12/14

ハルナ

0
私より年上の人が多く、いずれはこういう着物を着たいなあという参考にはなるけれど、今の私が真似したいような人はあまりいなかったのが残念。2010/02/08

花椿

0
2009/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/511729

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。