成年後見制度と障害者権利条約―東西諸国における成年後見制度の課題と動向

個数:
  • ポイントキャンペーン

成年後見制度と障害者権利条約―東西諸国における成年後見制度の課題と動向

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月01日 01時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 399p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784385363448
  • NDC分類 324.65
  • Cコード C3032

内容説明

少子・高齢化社会における成年後見制度のありようを、東西諸国の制度と比較し考察した。とくに「障害者権利条約」(日本は2007年署名・未批准)との関係で問題とされる、わが国の成年被後見人の選挙権剥奪について、ドイツ・フランス・イギリス・アメリカなど7か国の制度を示して検討した。障害者の諸権利確保とともに児童虐待防止・未成年後見の課題、後見実務の立場からの制度改善の視点も提示した。

目次

第1編 東西諸国における成年後見制度の動向(憲法と成年者の保護;オーストリア代弁人法―発展およびクリアリング;オーストリア法による代弁人への処分委託証書、老齢配慮代理権、近親者の法定代理権および患者配慮処分 ほか)
第2編 障害者権利条約と成年後見制度(障害者権利条約と世話法;障害者権利条約がオーストリアの代弁人法に及ぼす影響;成年者の保護、法定代理と国連の障害者権利条約 ほか)
第3編 成年被後見人の選挙権(オーストリア法における被代弁人の選挙権;ドイツにおける被世話人の選挙権;フランス法における成年被後見人の選挙権 ほか)
補論1 親権および未成年後見制度に関する考察―児童虐待防止の視角から
補論2 成年後見制度の実務上の課題―法改正が望まれる点を含めて

著者等紹介

田山輝明[タヤマテルアキ]
早稲田大学教授・早稲田大学比較成年後見法制研究所所長・法学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。