医傑凌雲

個数:

医傑凌雲

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784384043402
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0023

出版社内容情報

日本における赤十字運動の先駆者高松凌雲の伝記

高松凌雲:
幕末~明治期の医師。現在の福岡県小郡市出身。名は権平。荘三郎。箱館戦争においては箱館病院を開院。その後、民間救護団体の前身と言われる同愛社を創設。日本における赤十字運動の先駆者とされる。

【著者紹介】
著者:林洋海
1942年福岡県生まれ。日本グラフィックデザイナー協会会員。福岡アジアデザイン交流協会会長。アジア景観デザイン学会会員。小郡ロータリークラブ会員。戊申戦争、箱館戦争に活躍した郷土の英雄衝峰隊隊長古屋佐久左衛門を知り、その足跡と幕末維新史を研究する中で、「郡上藩凌霜隊始末・見返り坂」「明治に君臨した徳川慶喜」など時代小説を執筆。最近の主な著書に「ブリジストン石橋正二郎伝ー久留米から世界一へ』(現代書館)、「母成峠 そして少年は戦場に消えた」(文芸社)

内容説明

死の間際まで、貧民医療への情熱は衰えなかった。いつも心には、パリで学んだオテル・デューの思い出が輝いていた。凌雲が最期まで訴えたのは「病は貧困がつくる、貧困は病がつくる」という信念からだった。―日本の赤十字活動の魁、高松凌雲の生涯を描き切る。

目次

パリの春
青雲の志を抱いて
生涯の師との出会い
幕府奥詰御医師を拝命
パリで最先端医学を学ぶ
幕臣として義に尽くす凌雲
北天に共和国建設の夢
戦場に輝く赤十字精神
人道を知る敵将との出会い
死の淵からの再起
至誠一貫、心は常にオテル・デュー

著者等紹介

林洋海[ハヤシヒロミ]
1942年福岡県生まれ。久留米商業高校卒業。トッパンアイデアセンターを経てP&Cクリエティブディレクター。AGIOデザイン主宰。2007年より戊辰戦争をテーマに小説を書き始める。福岡アジアデザイン交流協会会長。日本グラフィックデザイナー協会会員。星亮一戊辰戦争研究会相談役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。