ボクの韓国現代史1959‐2014

個数:

ボクの韓国現代史1959‐2014

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月20日 10時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 405p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784380150098
  • NDC分類 221.07
  • Cコード C0036

出版社内容情報

新大統領・文在寅とともに盧武鉉政権を支え、今も若者を中心に絶大な人気を誇る論客が書下ろした書。新大統領・文在寅とともに盧武鉉政権を支え、今も若者を中心に絶大な人気を誇る論客が書下ろした書。今もロング&ベストセラーが待望の邦訳出版!

同時代を息を切らしつつ駆け足で生きてきた  すべての友へ
「現代史を語る際にはリスクが伴う……
人生において安全であることはきわめて大事だ。だが引き受けるだけの価値のあるリスクをあえて取る人生もそう悪くはないと思っている。僕はそんな思いを胸に僕自身が目の当たりにし、経験し、かかわった韓国現代史を書いた。
一九五九年から二〇一四年までの五五年間を扱ったから、「現代史」というより「現在史」または「当代史」というほうが適当な表現かもしれない。冷静な観察者ではなく苦悩する当事者として僕らの世代の生きた歴史を振り返った。ないものをでっちあげたり事実を捻じ曲げたりする権利は誰にもない。
だが意味があると考える事実を選んで妥当だと思える因果関係や相関関係でくくって解釈する権利は万人に与えられている。僕はその権利を精一杯の思いをこめて行使した」-「はじめに」より-

日本語版読者へ
はじめに リスキーな現代史
プロローグ プチブル・リベラルの歴史体験
第1章 歴史の地層を横断する  1959年と2014年の韓国
第2章 4・19と5・16  難民キャンプで生まれた二卵性双生児
第3章 経済発展の光と影  絶対貧困、高度成長、格差社会
第4章 韓国型の民主化  全国的な都市蜂起による民主主義政治革命
第5章 社会文化の急激な変化  モノトーンの兵営から多様性の広場へ
第6章 南北関係70年 偽りの革命と偽りの恐怖の敵対的共存
エピローグ セウォル号の悲劇、僕らの中の未来

柳 時敏[ユ シミン]
著・文・その他

萩原 恵美[ハギワラ メグミ]
翻訳

内容説明

現代史を語る際にはリスクが伴う。人生において安全であることはきわめて大事だ。だが引き受けるだけの価値のあるリスクをあえて取る人生もそう悪くはないと思っている。僕はそんな思いを胸に僕自身が目の当たりにし、経験し、かかわった韓国現代史を書いた。

目次

プロローグ プチブル・リベラルの歴史体験
第1章 歴史の地層を横断する―一九五九年と二〇一四年の韓国
第2章 4・19と5・16―難民キャンプで生まれた二卵性双生児韓国
第3章 経済発展の光と影―絶対貧困、高度成長、格差社会
第4章 韓国型の民主化―全国的な都市蜂起による民主主義政治
第5章 社会文化の急激な変化―社会文化の急激な変化
第6章 南北関係七〇年―偽りの革命と偽りの恐怖の敵対的共存
エピローグ セウォル号の悲劇、僕らの中の未来

著者等紹介

ユシミン[ユシミン]
柳時敏。1959年慶尚北道慶州市生まれ。ソウル大学在学中から時事コラムニストとして活動。2000~2002年、MBCテレビ「100分討論」司会者。2002年から政治活動にかかわって盧武鉉政権を支え、2006~2007年には保健福祉相を務める。2013年に政界を引退したのちは執筆と講演を中心に精力的に活動している

萩原恵美[ハギワラメグミ]
韓国語翻訳家・教師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

もとやん

2
TVのMCから政界に転じ、ノ・ムヒョン政権で保健福祉相も務めた著者が、自分が生まれてから現在までの55年間を、自らの経験をふまえて「韓国現代史」としてまとめています。かなりリベラルな立場から書かれていますが、2014年のセウォル号連複事故に係る記述などはつい最近のことでもあり、説得力があります。 2016/08/29

新空调硬座普快卧

1
左派メディア人による韓国現代史。多岐にわたる内容について筆者の目線を通しつつわかりやすく、しかし一定の客観性も持って記述されており、韓国現代史のストーリーをよく理解できる。第5共和国の副読本としても有用と思われる。2019/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10232216

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。