白磁の画家―芳醇にして強靱なる呉炳学の世界

個数:

白磁の画家―芳醇にして強靱なる呉炳学の世界

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784380130021
  • NDC分類 723.21
  • Cコード C0036

目次

第1章 幼少年期
第2章 激動の青年期“前篇”
第3章 激動の青年期“後篇”
第4章 井田アトリエ時代
第5章 孤高なる巨匠への道
第6章 強靱なる魂に魅せられて
第7章 「仮面の館・呉炳学美術館の夢」
呉炳学略年譜
資料(『呉炳学画集』;呉炳学ソウル個展)

著者等紹介

山川修平[ヤマカワシュウヘイ]
1936年岩手県生まれ。一関一高、早稲田大学文学部(心理学専修)卒、出版社勤務を経て著述業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

90歳にしてなおキャンバスに向かう孤高の画家・呉炳学の知られざる半生「孤高の魂とその人間ドラマに魅せられて」「…植民地下の朝鮮に生まれた呉炳学、太平洋戦争の戦中戦
後の過酷な試練、幾度かの死線を乗り越えて生き抜くことが
できたのも、絵を描くことへのかぎりない情熱こそが生命線
であった。時代の試練を乗り越えられたのも、絵という芸術
の絆以外の何ものでもなかった。才能が執念を支え、執念が
才能を守ったのだ。
…私はいくつかの偶然が重なり、画伯と交流する機会に恵ま
れた。以来、この強靭な画伯の片鱗だけでも後世に伝えたい
という強い思いに急き立てられる日々が続いた。微力ながら
その努力の成果が本書である」(本書「まえがき」から)

山川 修平[ヤマカワ シュウヘイ]
著・文・その他