原発被曝列島―50万人を超える原発被曝労働者 (新装改訂)

個数:

原発被曝列島―50万人を超える原発被曝労働者 (新装改訂)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 250p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784380110009
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

目次

原子力は人殺し産業だ(「まえがき」にかえて)
第1章 台湾の被曝者を追う
第2章 原発銀座、若狭の被爆者
第3章 被曝棄民の群れ
第4章 恐怖のプルトニウム輸送
第5章 ルポ・下北原子力半島
第6章 北海道に出現した泊原発
原発のない社会こそ世界を救う(あとがきにかえて)

著者等紹介

樋口健二[ヒグチケンジ]
日本写真芸術専門学校副校長、フォトジャーナリスト育成に努めている。日本写真家協会会員、世界核写真家ギルド会員、日本広告写真家協会学術会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

2
副題からしても、原発に殺されたり、病に臥す人が500,000人を超える方々がおられる。東京一極集中や、物質的豊さは原発の現場労働者への悔恨の念、感謝の念が必要であろう。エネルギー、人間の安全保障、環境問題、と、時代を写す写真多数で、ページをめくるのも憚られる。桁違いの下請け労働者(236ページの昭和62年の表)。巻末の原発安全神話教育も文科省や教育委員会当局の責任だろう。マスコミでない真のジャーナリスト魂が読者に迫力をもたらし、原発への憤りがこみ上げてくる。2012/09/10

Miki Shimizu

1
原発で働く人にインタビューした本。地元に仕事が!という触れ込みで原発はできる。しばらくは結構収入の良い仕事ができるかも。でも、被曝して、体調が悪くなったり、病気になったり、死んだりする。その時は、放射能が原因だって証明されないし、労災も何の保障もない。なんかなー。働く人のことなんも考えてないところが意味わからん。私たちのような下々のものは使い捨てって考えてるのかなー?2015/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4041917

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。