スゴ腕眼科医が教える白内障治療―多焦点レンズ・最強のプレミアム手術のすべて (改訂版)

個数:
電子版価格
¥1,672
  • 電書あり

スゴ腕眼科医が教える白内障治療―多焦点レンズ・最強のプレミアム手術のすべて (改訂版)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月19日 06時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784344928039
  • NDC分類 496.35
  • Cコード C0047

内容説明

白内障の基礎知識、眼内レンズの選び方、手術のタイミング、手術後の屈折誤差を改善する矯正治療法などの最新の白内障治療を眼科治療のスペシャリスト、5人のドクターが分かりやすく解説。

目次

第1章 もしかして白内障?と思ったら
第2章 白内障の治療法は手術のみ!検査から手術までの具体的な流れと基礎知識
第3章 種類や特徴は多種多様!あなたにとって最適な眼内レンズの選び方
第4章 手術後に屈折誤差が生じても改善できる!知っておくべき合併症と術後のケア
第5章 白内障手術を受けて人生を謳歌している患者さんたち
第6章 これから白内障手術を受けられる方へ

著者等紹介

藤本可芳子[フジモトカホコ]
フジモト眼科総院長(大阪府)。関西医科大学卒業後、関西医大附属病院眼科、有沢総合病院医長を経て、1993年にフジモト眼科を開設し、国内でいち早く日帰りの白内障手術に取り組む。1995年には医療法人コスモス会を設立、2000年レーシック手術、2001年オルソケラトロジー、2002年多焦点レンズ手術、2003年眼瞼下垂、緑内障手術、2005年ICL手術、硝子体手術など最先端の眼科治療を積極的に導入。2003年、メディカルオリコンランキング関西版で1位に選ばれる。医療法人コスモス会理事長、フジモト眼科総院長、医学博士、日本白内障屈折矯正手術学会理事

加藤祐司[カトウユウジ]
札幌かとう眼科院長(北海道)。旭川医科大学卒業後、釧路赤十字病院眼科副部長、旭川医科大学眼科講師・医局長を経て、2011年に札幌かとう眼科を開院。2015年に医療法人社団彩光会理事長に就任。分院である新札幌おおたに眼科・えにわ眼科でも経営・診療・手術に携わる。大学病院での経験を活かし、白内障手術や網膜硝子体手術のみならずICL・涙道・緑内障手術も得意としている。2017年からフェムトセカンドレーザー白内障手術も手がけている。2024年3月に札幌かとう眼科は移転し、さらなる眼科診療レベルの向上・快適な診療を患者さんに届ける取り組みを行っている。旭川医科大学客員教授・臨床指導教授、札幌医科大学眼科学教室非常勤講師、医学博士

秦誠一郎[ハタセイイチロウ]
スカイビル眼科院長(神奈川県)。東邦大学卒業後、慶應義塾大学医学部眼科学教室に入局し、足利赤十字病院眼科医長、大和市立病院眼科医長を経て、2002年にスカイビル眼科医院副院長、2011年にスカイビル眼科医院院長に就任。白内障手術以外にも屈折矯正手術、網膜硝子体手術と幅広く治療を行っている。国内外の眼科医療機器メーカーのアドバイザーも多く務め、最新機器や治療を積極的に導入し、多焦点眼内レンズ、フェムトセカンドレーザーによる白内障手術、ICLなどの屈折矯正手術も多く行っている。横浜市立大学大学院医学研究科眼科学教室非常勤講師

中村友昭[ナカムラトモアキ]
名古屋アイクリニック院長(愛知県)。宮崎医科大学(現宮崎大学医学部)卒業後、中京病院眼科医長を経て、1999年より中部地区で最初にレーシックを始め、日本におけるレーシックのパイオニアとして知られている。ベストドクターズ社からBest Doctors in Japan 2018‐2023と6年連続で選出された。2001年にリフラクティブアイクリニックを開院、2006年に名古屋アイクリニックに名称変更。「ハートのある医療」をモットーに白内障手術はもとより、レーシックやリレックススマイル、ICLなどの屈折矯正手術、角膜移植術や円錐角膜治療など幅広く専門外来を開設。日本眼科学会屈折矯正手術講習会講師、平成医療短期大学臨床教授

大内雅之[オオウチマサユキ]
京都府 大内雅之アイクリニック院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。