幻冬舎文庫<br> ここは退屈迎えに来て

個数:
電子版価格
¥617
  • 電書あり

幻冬舎文庫
ここは退屈迎えに来て

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月13日 07時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 259p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784344421882
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

そばにいても離れていても、私の心はいつも君を呼んでいる―。都会からUターンした30歳、結婚相談所に駆け込む親友同士、売れ残りの男子としぶしぶ寝る23歳、処女喪失に奔走する女子高生…ありふれた地方都市で、どこまでも続く日常を生きる8人の女の子。居場所を求める繊細な心模様を、クールな筆致で鮮やかに描いた心潤う連作小説。

著者等紹介

山内マリコ[ヤマウチマリコ]
1980年富山県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業後、京都でのライター生活を経て上京。2008年「女による女のためのR‐18文学賞」読者賞を受賞。12年8月、『ここは退屈迎えに来て』でデビューした(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

531
久しぶりに「刺さる」作家さんと作品に出会った。しかも大好物の連作短編集。中学のとき成績もよくスポーツ万能でリア充だった椎名が各編をつなぐモチーフなのだけれど、彼のPOVでは物語は進まない。地方都市でくすぶる女子高生やフリーター、都会へ出たはいいけれどどこかその喧騒に足がすくんでしまう女子大生などなどが主人公。なにより著者さんの言葉選びやサブカルへの知識、が読者層を揺さぶって離さない。R18文学賞作家さんだし読メのTLでずっと気にはなっていたけれど、期待以上の相性のよさで今後の作品も楽しみでならない。2023/02/19

❁かな❁

174
山内マリコさんの作品を読むのは2作目。今回もとても良かったです☆地方に住んでいる女の子の短編集。8編入り。地方と言っても田舎まではいかなくてイオンなどもある地方都市に住んでいる女の子のお話。もしかしたら誰にでもここから出たら何もかも上手くいくんじゃないかとか思ったことあるんじゃないでしょうか。いろんな女の子の想いが綴られています。切なく痛々しく、それでいておかしくてとても楽しめました!若気の至りで痛々しさも感じますが山内さんのポップでセンスのいい文体でどれも楽しく読めます♪他の作品も読んでみたいな♡2015/02/23

エドワード

154
「県外にわざわざ出る人が何を考えているのか想像できない」人間と「都会でしか道は拓けないのよ」と言う人間の境目は先天的なもの。妻は富山県出身。文学と芸術が大好きな少女だった。横浜の大学に進んだ妻は美術館のケタ違いの豊富さに絶句した。一度この都会を知ってしまうと、もはや故郷の<ぼんやりトボケた地方のユルさ>を愛する同級生とは世の中が平行世界と化す。空港が出来、新幹線まで開通した故郷は、ますます殺伐さを増していると妻は言う。山内マリコさんのスピード感ある文章は痛烈でまぎれもなく都会のセンス。彼女も複雑だろうナ。2015/06/19

ケンイチミズバ

124
アズミハルコをまだ読み続けているような錯覚に陥る。地方という地理的、心理的な縛りから抜け出せない若者、都会でなににもなれないまま結局地方に戻って来た若者、現実を直視すると焦りと諦めしかない。セブン、吉野家、スタバ、ツタヤ、マック、ABC マート、くら寿司、びっくりドンキー、ユニクロ、しまむら、西松屋、ニトリ、ガスト、青山、はるやま、イオン、私も辟易する。もう飽きたという気持ちはわかる。だれだ、地方をこんなにしてしまったのは。最近はこれらをソウル風土と呼ぶらしい。テキサス州から出てきたブレンダの場合、爆笑。2018/08/15

ゴンゾウ@新潮部

104
都会に憧れを持つと言うか田舎の生活に満足できない女性達の心の内側が赤裸々に描かれている。男の自分からはリアルかどうかはわからないが女の子の本音トークが生々しくショッキングだった。そして必ずアイコンの様に田舎の生活に馴染むリア充男子椎名君が登場する。時にはイケメンだったり、おっさん臭かったり。椎名君が本音トークを際立たせている。2018/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8016362
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。