幻冬舎時代小説文庫<br> 銀二貫

個数:

幻冬舎時代小説文庫
銀二貫

  • 提携先に9冊在庫がございます。(2022年05月19日 19時54分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 345p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784344415324
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

大坂天満の寒天問屋の主・和助は、仇討ちで父を亡くした鶴之輔を銀二貫で救う。大火で焼失した天満宮再建のための大金だった。引きとられ松吉と改めた少年は、商人の厳しい躾と生活に耐えていく。料理人嘉平と愛娘真帆ら情深い人々に支えられ、松吉は新たな寒天作りを志すが、またもや大火が町を襲い、真帆は顔半面に火傷を負い姿を消す…。

著者等紹介

高田郁[タカダカオル]
兵庫県宝塚市生まれ。中央大学法学部卒業後、1993年に漫画原作者としてデビュー(筆名:川富士立夏)。2008年に『出世花』(祥伝社)で時代小説の世界へ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 6件/全6件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

843
かなり長い年月を描いた作品だったのが予想外。天災火災艱難辛苦を乗り越え、人生を歩む登場人物たちに引っ張られる。寒天作りの過程がリアルで興味津々。タイトルの銀二貫の意味は序盤で回収されるが、物語を追うほどに違う輝きを放ちだすことに感心する。凝縮されたストーリーラインがとてもドラマティック。劇的に展開するのでページをめくる手が止まらず。一気に読み終えた。滑らかに読めすぎて場面々々を味わうとか感銘を残すという点では、ちょっと弱い気がする。でもこの作品の場合、ストーリーテリングの巧さが勝って実に気持ち良い。2018/07/19

yoshida

764
高田郁さんは初読みの作家さんです。抗いようのない苦難に負けずに立ち上がり、歩き出す人々の美しさ、凛とした姿が描かれています。読後感爽やかで一気読みでした。大坂天満の寒天問屋「井川屋」の主である和助は、仇討ちで天涯孤独となった鶴之輔を銀二貫で救い、松吉と名付け丁稚とする。厳しくも、井川屋の人々や料理屋「真帆家」の嘉平と真帆と幸せな毎日を送る松吉。しかし度重なる災害が大坂の街を襲う。逆境から立ち上がる市井の人々。和平は天満宮再建に向け蓄えた銀二貫を、その都度、苦境にある人々に渡す。それが最後に花開く。名作。2015/07/17

とも

764
旅行先で時間潰しのため購入。普段は手に取らないと思うと出会ってよかった。ええ買い物でした。 登場人物が皆魅力的で善次郎も途中から愛すべき存在に。ずるいわ~。 最終章はほぼ泣きっぱなし。最後の和助と善次郎の会話で涙腺がピークに。 とても好きな作品になりました。2014/05/12

seacalf

735
伸び伸びとした文章が、主人公松吉のまっすぐな成長と重なってすいすいと一気読み。武士の息子から丁稚の身になって悲壮感はあれど、爽やか。史実とはいえ、とにかく火事が多すぎる小説なのだが、タイトルでもある銀二貫の重味、この扱い方の見事なこと。でもなあ、ちょっと平淡で池波大先生には遠く及ばないよなあなどと斜に構えて読み進めていると・・・もう大変、ぐしゅぐしゅになるくらい涙で活字が霞んで読めないくらい泣かされてしまった。前言撤回、大変面白かったです。解説を読んで、作者の人柄の良さも知って、さらに脱帽なのです。2017/03/20

AKIKO-WILL

698
やっと予約していたのが手元に!澪つくしシリーズでの料理に精進する澪とあきない世博金と銀が商いを頑張ろうとする主人公を合わせた感じで読んでいて夢中になりました。今回は、男性が主人公だけどそれもまた良かった。和助に助けられた鶴之輔が寒天問屋の井川屋に商人として奮闘する姿は引き込まれます。真帆との出会いや真帆の境遇にはかなり胸が痛くなったけど。昔は本当によく大火事があったんですね。蒸し羊羹から練り羊羹になるまでには凄い努力があったんですね。2016/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/626451

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。