幻冬舎文庫<br> 骸の爪

個数:
電子版価格 ¥702
  • 電書あり

幻冬舎文庫
骸の爪

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年04月23日 09時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 486p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784344413603
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

ホラー作家の道尾は、取材のために滋賀県山中にある仏像の工房・瑞祥房を訪ねる。彼がその夜見たものは、口を開けて笑う千手観音と、闇の中で血を流す仏像。しかも翌日には仏師が一人消えていた。道尾は、霊現象探求家の真備、真備の助手・凛の三人で、瑞祥房を再訪し、その謎を探る。工房の誰もが口を閉ざす、二十年前の事件とはいったい。

著者等紹介

道尾秀介[ミチオシュウスケ]
1975年東京都生まれ。2004年「背の眼」で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しデビュー。「シャドウ」で本格ミステリ大賞、「カラスの親指」で日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

仏像が笑い、血を流す──。愛ゆえの悲しき結末とは?
霊現象探求家・真備とホラー作家・道尾が、”口を開けて笑う仏像””血を流す仏像””次々と消える仏師”の謎に挑む。仏像の工房で何が起きているのか? 誰もが口を閉ざす20年前の事件とは?