NewsPicks Book<br> ハック思考―最短最速で世界が変わる方法論

個数:
電子版価格 ¥1,463
  • 電書あり

NewsPicks Book
ハック思考―最短最速で世界が変わる方法論

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月25日 10時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784344035751
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0095

出版社内容情報

なぜあの人は、身の丈以上の成果を得ているのだろうか?実は、特別な才能や知識は必要ない。彼らが日常的に行っているのは「世界のルールを知り」、「そのスキマに介入する」というたったの2ステップ。これが「ハック思考」だ。誰でも短い時間で飛躍的に成果を高めることができる方法論を、事業改善のエキスパートが解説する。巻末には、ハック思考を鍛えるケーススタディも収録。

内容説明

退学率を減らしたい。温浴施設のチェーンでの会員の予約率を高めたい。大規模な営業組織の売上を高めたい。金融機関でローン審査が通った人の貸出率を高めたい…2ステップでハックし、劇的に成果を上げる。創業2年半で顧客の売上を240億円増やした、スーパーグロースハッカー初の著書。

目次

第1章 世界をHackするための2ステップ
第2章 真の因果の見つけ方
第3章 “視点”の引き出し
第4章 “方法”の引き出し
第5章 “勇気”の引き出し
第6章 人生の出来事すべてが引き出しになる

著者等紹介

須藤憲司[スドウケンジ]
Kaizen Platform Co‐founder&CEO。2003年に早稲田大学を卒業後、株式会社リクリートに入社。同社のマーケティング部門、新規事業開発部門を経て、株式会社リクルートマーケティングパートナーズ執行役員に就任。RING(新規事業)、ARINA(イノベーション)、トップガン(大手営業)、経営への提言(論文)という全社表彰を全て獲得し、グランドスラムを達成。当時最年少の執行役員として活躍。2013年にKaizen Platform,Inc.を米国で創業。現在は日本、US、韓国、台湾の4拠点で事業を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

126
まあまあ。ビジネスパーソン全体に使える……というよりも、起業を考えている、あるいはすでにスタートアップを運営している経営者向けの本という感じ。もちろんそれ以外のさまざまなビジネス上の課題に応用できる内容ではあると思うけれども、じゃあ具体的になにに役立ちそうかということはよくわからなかった。文章は平易だけど、書いてある内容は中小度が高めでわりあい難しい。2020/09/02

MATSUDA, Shougo

47
最後にかけての言葉の引用とその捉え方からみえてくる生き方/働き方が特に印象に残った。個人的にも普段出来ていない視点での考え方を補足してくれる良書と感じました。2020/05/02

Kentaro

35
コンサルタントではないのできれいなドキュメントを納品することもなければ、システム会社にようにアプリケーションシステムを開発することもない。 ただ顧客に伴走し、インターネット上のテクノロジー企業と組んで、事業の成長に必要な仕事をしている。 デジタルトランスフォーメーションの戦略を一緒に考えたり、金融機関のマイページの中を、ユーザーの行動履歴をもとにパーソナライズすることもある。 コンサルでもなければデザイン会社でもない。技術もデザインも動画などのコンテンツもすべては事業を成長させるキモを見つけてハックする2020/08/09

ミライ

35
Kaizen Platform Co‐founder&CEOの須藤憲司さんによるハック本。VUCA(何事も不確実・予測困難な)時代の思考法というべき「ハック思考」について、著者の実践・経験をもとに書かれた一冊。世の中にある問題は何事も視点を変えて(鳥の目・魚の目・虫の目)見ることが重要であり、それを実行することで、他人の気づいていない規則性や法則に早く気づくことができる、そうすることでシステムのスキマに介入することができ、さまざまな問題を解決できる。文章も読みやすく非常に面白かった。2020/03/26

タナカ電子出版

30
成果をだす✨そのために何が必要か?序文では、この本を印象づける問題出てきます。「待ち時間の長いエレベーター」待ち時間が長いとのクレームが絶えないエレベーター、オーナーは新たなエレベーターの増築、または最新エレベーターの入れ替え、頭を抱えて思案する…どれもコストが必要でそんな余力はない…そこで問題のすり替えを試みる、エレベーターを利用する時間を身だしなみエチケット時間へとすり替える💡☺️エレベーター前に鏡を設置することでクレームは減った。そんな小ズルい📖なんですハック❕2020/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15359488

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。