記憶破断者

個数:
  • ポイントキャンペーン

記憶破断者

  • 小林 泰三【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 幻冬舎(2015/08発売)
  • ウェブストア春のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 80pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年03月27日 08時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 364p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784344028036
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

頼りになるのは、ノートだけ。記憶がもたない男は、記憶を書き換える殺人鬼に勝てるのか?見覚えのない部屋で目覚めた二吉。目の前には一冊のノート。そこに記されていたのは、自分が前向性健忘症であることと「今、自分は殺人鬼と戦っている」ということだった。殺人鬼は、人に触れることで記憶を改竄する能力を持っていた。周囲は誰も気がつかない中、その能力に気がついた二吉に、殺人鬼の脅威が迫り来る。絶対絶命の中、記憶がもたない二吉は、いったいどういう方法で、殺人鬼を追いつめるのか?二人の勝負の行方は?

著者等紹介

小林泰三[コバヤシヤスミ]
1962年京都府生まれ。大阪大学大学院修了。95年「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、デビュー。98年「海を見る人」で第10回S‐Fマガジン読者賞国内部門、2012年『天獄と地国』で第43回星雲賞日本長編部門、14年『アリス殺し』で啓文堂大賞(文芸書部門)をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

記憶が数十分しか持たない記憶破断者VS記憶を勝手に上書きできる超能力男。 絶体絶命の記憶破断者の武器は、日記と優れた頭脳のみ。彼は、いったいどのようにして超能力男を追いつめるのか?

『アリス殺し』で2014年啓文堂大賞受賞! 『大きな森の小さな密室』が2012年上半期、創元文庫No.1!! ミステリー・ホラー・SFの新気鋭の著者による、書下ろしノンストップサスペンスエンターテインメント。
見覚えのない部屋で目覚めた田村二吉。目の前には一冊のノート。そこには自分が前向性健忘症であることが記されていた。どうやら、俺の記憶は数十分しか持たないらしい。 ノートに書かれていた驚愕の一文。それは、「今、自分は殺人鬼と戦っている」ということだった!!!  一方、雲英光男は、手で触れた者の記憶を改ざんできるという超能力を持っていた。身の回りの人たちの記憶を無理やり改ざんし、自分の思い通りにさせる雲英。あるとき、雲英に遭遇した田村は雲英が何らかの方法で悪事を働いていることに気づく。絶対絶命の中、田村の、孤独な戦いが始まった。記憶がもたない田村は、いったいどういう方法で、雲英を追いつめるのか? 二人の勝負の行方は?