テトラポッドに札束を―すべては絶望から始まる

電子版価格 ¥942
  • 電書あり

テトラポッドに札束を―すべては絶望から始まる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784344024700
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

12歳・テトラポッドに激突、首から下の運動機能をすべて失う。17歳・机上のパソコン上で起業、くわえたわりばし一本で年商1億円を達成。25歳の現在、伝説のブロガー・アフィリエイターとして、ネットビジネスのカリスマと呼ばれる。

目次

第1章 首から下が動かない!?
第2章 車椅子の少年が17歳で月収1000万円
第3章 貧乏で不自由になる日本人
第4章 一人一人の可能性
第5章 ハイパーデジタリアンになれ!
第6章 70億分の1の成功の法則
短過ぎる最終章 脳みそは自分が思っているよりも少しだけ優秀

著者等紹介

和佐大輔[ワサダイスケ]
1988年高知県生まれ。12歳の時に、海水浴中に海に飛び込み、テトラポッドに激突。その事故で頚椎に損傷を受け、首から下の身体機能を失い、車椅子生活になる。その後、17歳で始めたネットビジネスが成功。「ネットビジネス大百科」というネット業界No.1のベストセラーを生み出し、国内でDRMを一般個人にまで普及させた立役者となる。第一級の身体障害者でありながら、車椅子に乗り、「わりばし」でタイピングをしつつ、「ミスター情報ビジネス」として帝王の座に君臨し続ける。ネットビジネス大百科(DRM)、カウントダウンタイマー、無料オファー大量拡散(FREE戦略)など、現在では主流となった手法の多くを開発した。2010年、「創造的破壊プロジェクト」を主宰。2012年に原田翔太、長倉顕太とともにイデアパブリッシングを設立、2013年に「大人の大学」を開講(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひろ☆

24
13歳で事故で首から下の運動機能を失う。ネットビジネスで成功。気づく力、察知力を鍛えるために、人をバカにしないこと、必ず質問をすること、わからないことは必ず調べること。想像力と創造力。著者がもう一冊本を出したら、それも読みたい。2014/04/02

thinking_sketch_book

20
★★★★★ 単なる苦労話かと思ったら、得るものが多かった。以前読んだ『「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』に通ずるものがあるところも多いが、全体的には著者が知識を得ながら、情報を生み出している感じが伝わって来る。ただ、あまりに上手すぎる事が多いので、読んでいると本当なのか、作られた話なのか分からなくなる。もう少し上手くいかない所があった方が説得力が高い気がする。2014/02/15

上(うえ)

17
「僕は死んたほうが社会にとって有益な人間です」衝撃的な一文から始まる本書は、12歳の時に頸椎損傷し首から下が動かなくなった著者が、絶望にどう向き合ってきたか綴られた自己啓発本です。雇用が自由取引される資本主義市場において商品(人間)が“コモディティ化”しているという表現は瀧本氏の著書のそれに似ている。さておき人間と世の中に対する洞察はかなり本質的と感じます。「すべては絶望から始まる」説得力ある言葉に力を貰えました。僕たちはきっと絶望だらけ希望だらけ矛盾だらけの生命体ですね。折に触れて読み返したい一冊です。2021/01/07

ステビア

12
障害福祉的な内容を期待していたが中身は自己啓発本でした2020/02/11

しょう

11
とても8年前の本とは思えない!今読んでも学びが多い良書です!変化するかしないか、行動するかしないか、自由に生きるか不自由に甘んじるか、世界を変えるか変えないか。全ては選択なのです。2021/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7448490

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。