有頂天家族公式読本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 161p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784344024151
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

目次

interview 森見登美彦氏、『有頂天家族』を大いに語る。
森見登美彦氏と巡る『有頂天家族』の舞台
有頂天家族体験ツアーに出かけよう
有頂天家族名文集
スペシャル企画 アフレコ現場で、声優・能登麻美子さんを直撃!
スペシャル対談01 キャラクター原案の漫画家・久米田康治さんとおしゃべりしました。
スペシャル対談02 アニメ監督の吉原正行さんとおしゃべりしました。
書き下ろし短編小説 冬の女神と毛玉たち

著者等紹介

森見登美彦[モリミトミヒコ]
1979年奈良県生まれ。京都大学農学部卒業、同大学院修士課程修了。2003年『太陽の塔』で第一五回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、デビュー。07年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞、10年『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hiro

193
久しぶりの新作『聖なる怠け者の冒険』、『有頂天家族』のアニメ化と、今年は森見ファンにはうれしい年だった。私の中では『神話体系』と『夜は短し』が森見作品の2トップで、『神話体系』のアニメも原作に劣らない完成度が高い傑作だと思っている。そのため、『有頂天家族』のアニメも期待して観たが、アニメは原作のイメージがより鮮明になった良作だと思った。この本の最後に『有頂天家族』の第二部「二代目の帰朝」の予告が載っていたが、第二部を読むときには、きっとアニメのキャラクタに脳内変換されることだろう。早く第二部の読みたい。2013/11/30

ひめありす@灯れ松明の火

117
ふはふはの狸達を掌の上でコロコロと転がしていい具合の毛玉になった所で纏めておふとんに放り込んで一緒にぐだぐだしたいものである。短編目当てで読みました。風邪引きを決して認めない偉大な愛を持つ母上様、四文字熟語は出来ないけれど妹思いが可愛い金閣と銀閣、癇癪玉を破裂させたい理由は人恋しいからじゃないかしら名弁天様に、焼餅がこちらも破裂しそうな海星、ご相伴にあずかりたい赤玉先生。そしていつものふはふはな阿呆の血の下鴨四兄弟。短いけれど愛しさと魅力が炸裂した短編でした。森見さんの深い京都愛と照れくささも可愛らしい。2016/01/30

佐々陽太朗(K.Tsubota)

117
本日7月7日よりアニメ放映が始まるとなれば、「その前にとくと読んでおかねばなるまい」と事前の勉強に余念のない私である。私は幼少の頃からよく勉強をする子供であった。その美質は今も変わらない。「情報を制するものは世界を制す」とは今も昔も定説である。「定説」とは「疑いの無い証明済みの確定的であるとされる説」であるから、私は疑いようもなくせっせと情報取得に刻苦勉励したのである。書き下ろし短編『冬の女神と毛玉たち』も読み終えた今、「いつでも来い!」とつんのめって蹈鞴を踏むような状態である。とっとと放映したまえ!2013/07/07

ケイ

95
モリミーのせいですっかり京都通になってしまったので、舞台の街や神社などはフムフムと確認する程度。モリミーが自分の作品を自分の言葉で語ってくれるのが何よりの贈り物かも。「すき焼き屋」だけは近日中に要チェックだ。あの『恋文の技術』に出てきたお店だもの。『有頂天家族名文集』では、「四匹の子を抱き目をつぶる母を大きく抱く父」に改めて感動し、「珈琲も牛乳も美味しくないのに珈琲牛乳はなぜ美味しいの」と問う弟に激しく同意した。書き下ろし短編の『冬の女神と毛玉たち』には、相変わらずニタニタ、ハラハラ、そしてホッとした。2013/12/29

依空

84
書き下ろし短編「冬の女神と毛玉たち」目的で借りたけれど、森見さんのインタビューや対談、舞台となった場所の案内どころかツアーまで組んであったり、用語集や名文集まで収録されていて、大変満足できる1冊でした。弁天が踏み台にした建物や赤玉先生が這い登った建物の写真も載っていて、この本を片手に、改めて京都観光をしたくなります。もちろん、短編も最高! もふもふの毛玉がころころ転がる光景に和み、相変わらずの阿呆ぶりには思わず吹き出しちゃいました。矢三郎だけでなく、矢一郎も母上もいい味出していて、みんな可愛かったです。2016/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6877728

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。