世界の怪奇民話 〈2〉 ドイツの怪奇民話

個数:

世界の怪奇民話 〈2〉 ドイツの怪奇民話

  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 評論社(1982/06発売)
  • ポイント 20pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 265p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784566055513
  • NDC分類 388.33

出版社内容情報

現代人の失った自由奔放な想像力と、恐怖への素朴な畏敬に満ちた、ファンタジックな怪奇民話の世界をお楽しみ下さい。1.悪魔の話2.魔女・魔術師の話3.妖精・小人の話4.キリスト教の奇蹟の話5.怪奇の話6.巨人・怪物の話7.亡霊の話8.その他の怪奇話   小学校高学年~

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アカツキ

7
悪魔、魔女、妖精、巨人、幽霊、宗教などの短い話がぎっちり詰まっている。裁判官の妻が魔女だと密告される「生きている人に化ける魔女」は誤解が解けて無罪放免になる良い話なんだけど、裁判官の妻だから調べてもらえたんだよなぁとモヤモヤが残る。一人暮らしの老婆や普通の主婦だったら拷問でテキトーな自供を引き出して処刑されて終わりだっただろうなと思うとね…。2023/11/30

1977年から

0
1989年

正山小種

0
ドイツの怪奇民話2003/09/04

てつこ

0
軽く読めるものをと思って図書館で借りた本。ドイツの怪奇民話というか、100年以上前に出された「プロイセン国の伝説の書」から抽出した話を訳したもの。神罰があたる話では地面が割れて悪者が飲み込まれる表現が複数出てきた。自然災害か何かの暗喩なんだろうか?あとがきのプロイセン人評が好き。「プロイセン人は勇敢で尚武の精神に富み、熱烈な愛国心に燃え、君主に対する忠誠心が強かった。その上堅実で義務観念が旺盛だった。その反面、生真面目すぎて理屈っぽく、ゆとりある気質、ユーモア精神に欠くるところがあった」2023/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/232985
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。