帰宅部ボーイズ

個数:

帰宅部ボーイズ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 298p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784344019850
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

真っすぐ家に帰って何が悪い。オレたち帰宅部にだって、汗と涙の青春はあるのだ。『サッカーボーイズ』の著者が描く余りものたちの新たな青春小説。

著者等紹介

はらだみずき[ハラダミズキ]
1964年千葉県生まれ。商社、出版社勤務を経て作家に。2006年『サッカーボーイズ 再会のグラウンド』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

再び読書

61
今までのはらだ氏の作品と比べると清々しさに欠ける。しかし、ある意味中学時代の葛藤を鋭く描いているのかも知れない。ただ、何故か心は弾まないし、読了時の充実感が無かった。もっと単純にスポーツに打ち込んでくれたら、もう少しスッキリするのだが、最後のカナブンの怪我が、この物語に影を落とす。この時期の少年をうまく描いているとは思うが、読んで良かったと思えなかった。複雑な読書でした。最後のカクテルはエメラルド・アイル?はたまた青いサンゴ礁か?興味をそそる。2017/08/10

七色一味

54
読破。父親の中学時代の思い出と、その息子が抱える問題が織り交ざった物語──かと思いきや。基本、父親の中学時代の思い出話がメイン。息子が抱える問題はどうするんだ!? と言うほど放置プレイなまま話は進んでいく。まぁ、息子の方は回想のきっかけってことなのか…。私的には、子供との絡みメインで話を進めて欲しかったような…。2011/08/31

acidrain

49
中学生という難しい年頃にそれぞれが部活を辞めて帰宅部となった青春もの。帰宅部だからといって地味な事ばかりでなく、恋をして苦い思いをしたり、思春期に入って自分の感情を抑えることができずに誰彼に喧嘩を挑んだり部活をしている人とは毛色が違うがそれなりに青春していると思う。運動はできるが特定の部活に入りたがらないカナブンや運動はできないけど勉強ができて映画が好きで哲学を読むテツガクなど、普段仲良くなるきっかけがない個性的な人たちが集って何だかスタンドバイミーみたいだった。個人的に後半から面白くなってきた。2012/09/07

Tanaka

38
帰宅部の3人(4人?)の物語。 最後が残念だなーって思ってたら、奥さんがまさかの!2013/07/29

おれんじぺこ♪(15年生)

30
小学生の息子が学校でおこしたトラブルをきっかけに自分の中学時代を思い出す・・・という話。ま、息子のことは最初と最後に出てきただけで、ほとんどが中学時代の話。・・・なんだろうか、私が「男子中学生」ではなかったからか、あまり面白さが感じられなかった。彼らの想いに共感できなかった。最後、テツガクが送ってきた八ミリのくだりは「青春」だなぁ♪なんて思ったけれど。2014/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3301846
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。