映画監督 田中絹代

個数:
  • ポイントキャンペーン

映画監督 田中絹代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月18日 19時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 163p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784343009975
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0074

目次

1 女優・田中絹代
2 なぜ監督になったのか
3 監督までの道筋―初監督作『恋文』までの経緯
4 作品前期―監督初期二作品
5 作品後期―監督としての独り立ち
6 彼女が人生をかけて残したもの

著者等紹介

津田なおみ[ツダナオミ]
映画評論家、フリーアナウンサー。兵庫県宝塚市出身。愛知淑徳大学大学院文化創造研究科修士課程修了。22歳の時に大阪府堺市の親善大使「エンゼル堺」に選ばれたことをきっかけにタレント活動をスタートし、テレビ・ラジオ・イベントなどの司会やリポーターを務める。その後、映画番組の司会を担当したことから、映画の世界へ。現在も、監督や俳優の記者会見・舞台挨拶の司会、映画に関する講演、コラムの執筆などで活動中。神戸100年映画祭理事、大阪シネマフェスティバル投票委員、神戸新聞文化センター「シネマ鑑賞講座」講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。