心揺るがす講演を読む〈2〉

個数:

心揺るがす講演を読む〈2〉

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年05月16日 02時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784341087869
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0030

内容説明

その生き方、その教え。講演から学ぶ。

目次

第1章 こんな「生き方」がある(お茶の文化を通して日本と世界の平和を祈る(茶道裏千家第15代・前家元・千玄室)
「未完の夢」が伝えるもの(戦没画学生慰霊美術館「無言館」館長・窪島誠一郎)
私にはピアノがあったから(ピアニスト・水上裕子)
三陸物語(元毎日新聞東京本社専門編集委員・萩尾信也)
詩が開いた心の扉(作家・寮美千子))
第2章 「先人に学ぶ」生き方(心が全ての発信源(北法相宗管長・清水寺貫主・森清範)
論語から正義を問い掛ける(元検事、元弁護士・田中森一)
縁を生かす(作家・鈴木秀子)
本との出会い 人との出会い(NPO法人読書普及協会会長、逆のものさし講代表、読書のすすめ店主・清水克衛)
自分を嫌わないで(早稲田大学名誉教授・加藤諦三))

著者等紹介

水谷もりひと[ミズタニモリヒト]
日本講演新聞編集長。昭和34年宮崎県生まれ。学生時代に東京都内の大学生と『国際文化新聞』を創刊し、初代編集長となる。平成元年に宮崎市にUターン。宮崎中央新聞社に入社し、平成4年に経営者から譲り受け、編集長となる。28年間社説を書き続け、現在も魂の編集長として、心を揺さぶる社説を発信中。令和2年から新聞名を「みやざき中央新聞」から現在の「日本講演新聞」に改名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。