電気のとおり道―回路とスイッチ

個数:

電気のとおり道―回路とスイッチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 16時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 47p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784338280020
  • NDC分類 K400
  • Cコード C8342

内容説明

乾電池と豆電球を電線でつないだら、回路ができて明かりがつく。そのとき、回路の中を流れる電気のすがたがわかると、楽しいよ。

目次

第1部 電気がつくしくみ(懐中電灯のしくみ;豆電球をつけよう;水池と回路 ほか)
第2部 自由電子が見えたなら(豆電球テスターを使ってみよう;1円玉は電気をとおすか?;磁石は電気をとおすか? ほか)
第3部 2つの回路をつなぐ(豆電球はつくだろうか?;電池を反対にしたら;電池を2つにしたら ほか)

著者等紹介

板倉聖宣[イタクラキヨノブ]
仮説実験授業研究会代表。1930年東京の下町生まれ。東京大学で科学の歴史を研究して、1958年理学博士の学位を得て国立教育研究所に勤める。1963年“仮説実験授業”を提唱。1983年『たのしい授業』を創刊。評価論・教育史・発想法など広い分野の研究を推進して、社会の科学の研究・教育にも従事している

井藤伸比古[イトウノブヒコ]
豊田市立西保見小学校教諭。1954年愛知県豊田市生まれ。1976年信州大学理学部物理学科卒業。小中学校で仮説実験授業を実践する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

pocco@灯れ松明の火

3
低中学年に電気をキチンと教えたい。再度読みます。2016/12/18

morgen

1
水の巻に比べ、ちょっと難しいかと思ったが、息子は楽しんでいた。自由電子という言葉を初めて知った。2019/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6723011

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。