のりものえほん<br> ゆきぐにれっしゃだいさくせん

個数:

のりものえほん
ゆきぐにれっしゃだいさくせん

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 20時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 25cm
  • 商品コード 9784338006637
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

著者等紹介

横溝英一[ヨコミゾエイイチ]
1930年神奈川県に生まれる。武蔵野美術短期大学卒業。神奈川県在住。テレビ放送局、出版社などの勤務を経て、現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あつひめ

50
孫が図書館で初めて自分で選んだ一冊。たぶん表紙で選んだと思う。文章が長いから適度に短くしながら読んであげた。雪の降る中を走る列車は北国育ちには日常のことだけど、毎冬新鮮な気持ちで冬を迎える。電車乗りたいねぇと物語の子供になりたがった孫の言葉が印象的。2018/09/22

たーちゃん

26
兄弟で電車に乗って雪国へ。電車を乗り継いで行くのってワクワクしますね。息子はじっと黙って聞いていました。2022/02/21

遠い日

12
電車も鉄道も全く門外漢だけれど、小学生の兄弟2人で東京から越後湯沢までを日帰りする物語を楽しむ。雪を見に行くというこの2人の冒険心が頼もしい。鉄道に詳しく、ちゃんと知識のある子どもらしい的確な計画と実行力に脱帽。登場するいろいろな電車のことを、わたしがもっと知っていれば、より楽しめたのにと思うと、少し残念。変わりゆく車外の風景が、旅情を掻き立てる。2015/03/19

いろ

12
雪の季節の乗り物絵本を。小学4&2年生兄弟が東京~越後湯沢駅を往復するお話。行きは電車乗継,帰りは新幹線。途中でロータリー除雪車にも遭遇する。せっかく雪国体験に行ったけど,お兄ちゃんからは緊張感ばかり伝わって来る。それでも,電車旅行を成功させた喜びが大きいから,それでよかったんだろう。お父さんのサポートはあるものの,自分達で計画~お年玉で切符購入~子供だけで往復って,すごいな~。5歳男児は電車好きだけど,自分からお年玉使うとまでは言わないだろうな^^; 息子は電車1人旅する頃まで電車好きが続くのかな~。2014/02/07

kazu_tea

11
都会育ちの兄弟が大好きな列車に乗って雪国を目指すお話。無邪気にはしゃぐ弟と緊張気味の兄が対照的。兄弟って良いなって思いました。2013/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/425164

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。