なぜ独裁はなくならないのか―世界の動きと独裁者インタビュー

個数:

なぜ独裁はなくならないのか―世界の動きと独裁者インタビュー

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784337187559
  • NDC分類 K313
  • Cコード C8391

内容説明

古今東西、世界は多くの独裁者を生んできた。いったいなぜ独裁や独裁者はあとをたたないのか。人々が独裁をもとめるからか。人々が民主主義をもとめないからか。チュニジアの「ジャスミン革命」に始まる「アラブの春」、東欧の一党独裁、ヒトラーの歴史的現象を追い、カストロ、ノリエガ、イメルダ夫人など、著者インタビューによる独裁的指導者の実像と今をさぐる。

目次

第1章 二〇一一年「アラブの春」の衝撃ドミノ倒しの独裁者たち(独裁者の終わりは突然に;エジプト・ムバラク大統領を直撃 ほか)
第2章 冷戦とともに消えた東欧の独裁者たち(歴史にのこる六月四日;「連帯」の活動とポーランドの歴史 ほか)
第3章 私の会った独裁者たち(マヌエル・ノリエガ元最高実力者;ダニエル・オルテガ大統領 ほか)
第4章 世紀の独裁者アドルフ・ヒトラー(恐るべき歴史的現象;ウィーンでの青春時代 ほか)
第5章 アジアの開発独裁(「開発独裁」とは何か;スカルノからスハルトへ ほか)

著者紹介

千野境子[チノケイコ]
横浜に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業。1967年産経新聞社入社。マニラ特派員、ニューヨーク支局長、女性初の外信部長、論説委員長などを歴任。東南アジア報道で1997年度ボーン上田記念国際記者賞受賞。主な著書に『アメリカ風だより』(国土社、第32回青少年読書感想文全国コンクール課題図書)『紅茶が動かした世界の話』(国土社、第23回読書感想画中央コンクール課題図書)などがある。現在産経新聞客員論説委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件