MF文庫J<br> 聖剣学院の魔剣使い〈7〉

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

MF文庫J
聖剣学院の魔剣使い〈7〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月02日 19時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046804433
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「――〈海王〉リヴァイズ・ディープ・シー!?」海の底に眠る〈天空城〉で、竜王ヴェイラが遭遇したのは、古代の海を支配した最強の魔王だった。火花散らし、激突する二人の魔王。一方、レオニスの所属する第十八小隊は〈帝都〉で開催される聖剣士の武闘大会、〈聖剣剣舞祭〉に参戦することに。復讐のため魔王の配下となる咲耶、王家の宿命に導かれるレギーナ、〈魔剣計画〉の裏で暗躍する、フィレット家と戦う覚悟を決めたエルフィーネ。それぞれの因縁を抱え、舞台は人類最後の絶対防衛戦――帝都〈キャメロット〉へ。嵐の前に静けさはない。嵐の前には〈魔王〉が来る――!!

内容説明

「―“海王”リヴァイズ・ディープ・シー!?」海の底に眠る“天空城”で、竜王ヴェイラが遭遇したのは、古代の海を支配した最強の魔王だった。火花散らし、激突する二人の魔王。一方、レオニスの所属する第十八小隊は“帝都”で開催される聖剣士の武闘大会、“聖剣剣舞祭”に参戦することに。復讐のため魔王の配下となる咲耶、王家の宿命に導かれるレギーナ、“魔剣計画”の裏で暗躍する、フィレット家と戦う覚悟を決めたエルフィーネ。それぞれの因縁を抱え、舞台は人類最後の絶対防衛戦―帝都“キャメロット”へ。嵐の前に静けさはない。嵐の前には“魔王”が来る―!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

29
海の底に眠る天空城で竜王ヴェイラが遭遇した海王リヴァイズ。一方、レオニスの所属する第十八小隊は帝都で開催される聖剣士の聖剣剣舞祭に参戦する第七弾。復讐のために魔王の配下となった咲耶、王家の宿命に導かれるレギーナ、魔剣計画の裏で暗躍する実家・フィレット家と戦う覚悟を決めたエルフィーネ。それぞれの因縁が渦巻く中で、レオニスを巡ってヴェイラの存在に心穏やかではいられないフィーネだったり、お菓子には目がないシャーリが微笑ましかったですけど、激闘の末に姿を現したあの存在はいろいろ複雑な事態を引き起こしそうですね…。2021/05/24

げんごろう

14
舞台は帝都キャメロット。 海王との邂逅、聖剣剣舞祭への参加、そしてそれぞれが抱える因縁。 ヴェイラの存在にヤキモキするリーセリアも可愛かったですしアルティリアの再登場にも心踊りました。今後レオ君とどう接するのか楽しみです。 そしてあさぎ先生の挿絵は今巻も最高の一言でした。2021/06/18

零崎夢織

7
聖剣剣舞祭のために帝都に行くことに。そこに海王と激突しているはずの竜王が現れ…って巻。 剣舞祭すきだねぇ。2021/11/28

MERLI

6
竜王ヴェイラ再び降臨、表紙を飾るだけあって今回はレオとの共闘が描かれています。ヴェイラが人間ではなくドラゴン・ロードだということと、ひょんなことから人前に出てきたシャーリ(変装)など、外堀が段々埋められてきている気がする。多分、自分からバレるんじゃなく、問い詰められてバレるタイプだなこれ。2022/02/12

真白優樹

4
帝都で開かれる武闘大会へレオニス達が招待される中、海王と戦っていたヴェイラが謎の敵と遭遇する今巻。―――死した英雄が舞台に上がり、更なる混沌の花開く。 全ての因縁が集う帝都へとレオニスと仲間達、そしてその因縁の相手達が集い戦いの幕が上がろうとする中、復活した魔王を従える敵が姿を現す、明確に何か大切な戦いが始まっていく今巻。力を制限され本領を発揮できぬレオニスが邂逅した、衝撃の敵。果たして彼女の父と同じ姿を持つ敵の力と目的とは。戦いが混沌としだす中、次なる戦いの行方とは。 次巻も須らく期待である。2021/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17859689

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。