常識より科学へ<br> 火曜日には火の用心

  • ポイントキャンペーン

常識より科学へ
火曜日には火の用心

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 109p
  • 商品コード 9784337186019
  • NDC分類 K449

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kikuyo

16
(これは中学生くらいの時に読んだか…。)なぜ迷信が残っているか。多くの人が昔ながらの「自然学」と「自然科学」との違いをよく理解していないから。昔の人々が考えた元素<五行説>や、曜日の呼び名についてや、暦と迷信についてなど、興味深くもわかりやすい解説。現代でも迷信やエセ科学は蔓延する。人の心には、見えない何かにすがりたい気持ちがあるからだろう。想像力豊かであることや、こうあって欲しいと願うことは大切。だが占いや迷信に束縛されないようにしよう。昔の人の知恵は生かしつつもエセ科学には騙されないように。2016/05/28

円盤人

3
小学校の学級文庫にあった本。タイトルからずーっと気になっていたが未読で、このたび晴れて読み通した。勝手にエッセイと思っていたのだが、自然科学の啓蒙書である。火曜日にまつわる友達の迷信から、天体の動きと暦、それにまつわる思想の歴史について描き、迷信(への盲信)に対して警鐘をならす。あまたの占いを「みんなデタラメ」と容赦なく切って捨てながら、しかしそこにプラスの効能が起こり得ることについてもフォローを忘れない。洒脱で明瞭、ユーモアのある文体に惹かれた。このシリーズも八冊ある。楽しみなシリーズが増えたものだ。2018/08/02

れぐすぺ

0
板倉さんの本はデフォルメなく大人から子供まで楽しめてすごい。五行説とか意外と知らないことがよくわかる。2011/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/79037

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。