アジアの恐竜

個数:

アジアの恐竜

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 340p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784336056290
  • NDC分類 457.87
  • Cコード C0645

出版社内容情報

近年飛躍的な進展をとげるアジアの恐竜研究!約600点の図版とともに、恐竜発掘・研究史をわかりやすく解説したビジュアル決定版!

近年飛躍的な進展をとげるアジアの恐竜研究!初公開の写真・挿絵・生態復元図など約600点の図版とともに、アジアの恐竜発掘史・研究史をわかりやすく解説したビジュアル決定版!アジアの恐竜リスト、地名・人名索引を完備。

日本語版刊行にあたって
はじめに
目次
序文
概説
?T インドの恐竜
?T-1 インド ジュラ紀前期のダーマラム層
?T-2 インド ジュラ紀中期のコタ層(上部)
?T-3 インド 白亜紀後期のラメタ層群
?U 東北アジアの恐竜――ロシア人による発見
?V モンゴル・ゴビ砂漠に恐竜を追う
?V-1 モンゴル・ゴビの「新たな征服」――アメリカ中央アジア探検隊
?V-2 ネメグト――ロシア人の発見
?V-3 ゴビにおける女性の成功:ポーランド―モンゴル古生物調査
?V-4 冷戦後、西洋科学者のゴビ砂漠への帰還
?V-5 アメリカ人の新たなる成果――ウカー・トルゴド
?V-6 中国―日本―モンゴル三国古生物調査
?W 中国での恐竜発掘
?W-1 アンダーソンとツダンスキー
?W-2 中国―スウェーデン北西部科学調査
?W-3 中国恐竜学の先駆者――楊鐘健
?W-4 中国恐竜研究の中心――IVPP
?W-5 頓挫した調査
    中国―ソビエト古生物科学調査(1959~1960)
?W-6 新疆ウイグル自治区古生物調査隊の功績
?W-7 中国初の恐竜博物館―自貢恐竜博物館
?W-8 中国のK/T境界を求めて
?W-9 中国―カナダ恐竜プロジェクト(1986~1990)
?W-10 中国―日本シルクロード恐竜調査(1992~1993)
?W-11 中国―ベルギー恐竜調査(1995~2000)
?W-12 甘粛省と河南省の恐竜
?X 羽毛を持つ恐竜と鳥
   中国版‘ゾルンホーフェン’の発見
?Y 中国の恐竜卵化石
?Z 中国の恐竜足跡化石
?[ 東南アジアの恐竜
?[-1 ラオスの新しい恐竜化石
?[-2 タイの恐竜化石
?\ 日本の恐竜研究の進展
?] 朝鮮半島の恐竜遺跡
あとがきと謝辞
監訳者・訳者あとがき
アジアの恐竜リスト
地名索引
人名索引
引用文献

【著者紹介】
中国科学院古脊椎動物・古人類研究所研究員、吉林大学客員教授。アメリカ古脊椎動物学会終身名誉会員。 今までに38種の恐竜を命名した伝説的恐竜学者である。著書に『大恐竜時代―中国・日本の研究最前線』(分担執筆、小学館)、『NHK未来への教室(5)ドン・チミン 恐竜絶滅に学ぶこと』(汐文社(雲南科技出版社)など多数。

内容説明

近年飛躍的な進展をとげるアジアの恐竜研究。初公開の写真・挿絵・生態復元図を含む約600点の図版とともに、アジアの恐竜発掘史・研究史をわかりやすく解説したビジュアル決定版!アジアの恐竜リスト約230点、恐竜化石産地の地図・年表、地名索引・人名索引・引用文献リスト付。

目次

1 インドの恐竜
2 東北アジアの恐竜―ロシア人による発見
3 モンゴル・ゴビ砂漠に恐竜を追う
4 中国での恐竜発掘
5 羽毛を持つ恐竜と鳥―中国版‘ゾルンホーフェン’の発見
6 中国の恐竜卵化石
7 中国の恐竜足跡化石
8 東南アジアの恐竜
9 日本の恐竜研究の進展
10 朝鮮半島の恐竜遺跡

著者等紹介

董枝明[ドンジーミン]
1937年1月山東省威海生まれ。1962年復旦大学生物学部卒業。中国科学院古脊椎動物・古人類研究所研究員、吉林大学客員教授。雲南省禄豊県「世界恐竜谷」学術顧問、禄豊恐竜研究センター主任

冨田幸光[トミダユキミツ]
1950年愛知県瀬戸市生まれ。国立科学博物館地学研究部生命進化史研究グループ長。1973年横浜国立大学教育学部卒業、米国アリゾナ大学大学院(博士課程)修了。1981年より国立科学博物館研究官、2012年より現職。2008年より中国科学院古脊椎動物古人類研究所客座研究員。専門は古脊椎動物学(とくに哺乳類化石)。国内各地のほか、これまでにアメリカのロッキー山脈地域、パキスタンのシワリク地域、中国とモンゴルのゴビ砂漠などで野外調査をするとともに、小型哺乳類や古第三紀の古い哺乳類の化石を中心に研究をしている

関谷透[セキヤトオル]
1981年埼玉県入間市生まれ。2005年早稲田大学教育学部卒業、2010年中国吉林大学研究生院地球科学学部(博士課程)修了。同年より、四川省自貢恐竜博物館にて研究職員として勤務。主に中国の雲南省と四川省のジュラ紀の地層から産出した恐竜化石(とくに竜脚形類)を研究中。北海道と福井県勝山市、中国各地(雲南省、山西省、河南省、新疆ウイグル自治区、黒竜江省など)、およびタイ国東北部での野外調査と発掘に参加。中国内外の学術雑誌に論文を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。