なぜわたしたちは0歳児を授かるのか―親心の幸福論

個数:
  • ポイントキャンペーン

なぜわたしたちは0歳児を授かるのか―親心の幸福論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 09時32分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784336051370
  • NDC分類 370.4

目次

〇歳児の風景
はじめての笑顔
次世代を信じる風景
幼児が善性を引き出す
良寛さまとピーター・パン
「親身」は子どもたちからの贈り物
なぜ四歳児?
父親たちに幸せを
落ち着いて片づける
インドとアメリカ〔ほか〕

著者紹介

松居和[マツイカズ]
1954年、東京生まれ。慶応大学哲学科からカリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)民族芸術科に編入、卒業。尺八奏者としてジョージ・ルーカス制作の「ウィロー」、スピルバーグ監督の「太陽の帝国」をはじめ、多数のアメリカ映画に参加。1988年、アメリカにおける学校教育の危機、家庭崩壊の現状を報告したビデオ「今、アメリカで」を制作。以後、「先進国社会における家庭崩壊」「保育者の役割」に関する講演を保育・教育関係者や父母を対象に行い、欧米の後を追う日本の状況に警鐘を鳴らしている。2006年、埼玉県教育委員会委員に就任。2008年、制作・監督したドキュメンタリー映画「シスター・チャンドラとシャクティの踊り手たち」が第41回ワールドフェスト・ヒューストン国際映画祭、長編ドキュメンタリー部門で金賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)