小飼弾の超訳「お金」理論

個数:

小飼弾の超訳「お金」理論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月20日 02時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784334951818
  • NDC分類 330.4
  • Cコード C0030

出版社内容情報

書評家・投資家・天才プログラマーの小飼弾が優しく教えるお金の本。これさえあれば、お金の教養がわかる。

内容説明

残業はもちろん、働いたら負け。給料を上げなくてはいけないと思っている時点で、完全に負けている。もう労働には価値はない。理想は、誰でも自由に生きて食べていける世の中。なのに、いつまでも「お金」に振り回されるのはなぜか―。いまこそ知っておきたい、お金の本質とこれからの働き方。

目次

1 バランスシートから資本主義が生まれた(バランスシートという画期的な発明が世界を変えた;バランスシートの仕組み ほか)
2 会社はいったい誰のモノ?(会社とは利益を生み出すための「仕組み」;トレーディングも経営も人工知能の仕事に? ほか)
3 儲からない会社はつぶそう(非効率な会社がつぶれるのはよいこと;スティーブ・ジョブズだって自分の会社から追い出された ほか)
4 税金と賃金の仕組み(アベノミクスで得をしたのは誰か?;消費増税は、「持てる者」の陰謀 ほか)
5 お金を配ろう(富の分配に失敗すれば、虐殺が起こるかもしれない;「バラマキ」がダメなのは、ちゃんとバラマかないから ほか)

著者等紹介

小飼弾[コガイダン]
投資家、プログラマー、ブロガー。株式会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア、現在の株式会社データホテル)の取締役最高技術責任者(CTO)を務め、同社の上場に貢献(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あちゃくん

49
僕は小飼さんの考え方が好きなんだと思う。そして年取って、状況がいろいろ変わってきて、よりその考え方が理解できるようになってきたんだと思う。2021/12/04

Tenouji

11
いつもの小飼節で、面白く、一気読み。本質を押さえてからの、「お金」の考え方のポイントを展開。富の分配に関しては税制が肝と喝破w。もちろん、自分は勝ち組側にいることも暴露で、信頼できる内容w。2021/02/10

turtle

6
小飼さんがここで書かれているように、自分で複式簿記を作ってみて、初めて負債も資産の一部であることがわかりました。 借金は必ずしも悪ではない、という言葉に納得。2021/09/21

hiropon181

2
お金というのは共同幻想。会社、資本主義、税制や富の再分配などについて小飼さんの持論があちらこちらに展開されます。結局、モノよりコトですよ、という主張には共感します。2021/06/15

清角克由

2
小飼さんのブログを昔愛読していたので楽しく読めた。格差を無理矢理にでも解消しなければならない理由を社会のケイパビリティの拡大のためという論は面白い。ベーシックインカム導入賛成の意見も同意見なだけに楽しく。お金の仕組みをわかりやすく楽しく飲める良書。2021/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17284662

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。