「甘え」の構造 (増補普及版)

個数:

「甘え」の構造 (増補普及版)

  • ウェブストアに35冊在庫がございます。(2022年05月18日 08時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 318p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784335651298
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C1011

内容説明

親しい二者関係を基盤とする「甘え」の心性が失われ、無責任な「甘やかし」と「甘ったれ」が蔓延しています。変質しつつある日本社会の根底に横たわる危機を分析した書下し論考“「甘え」今昔”を加えた新増補版。

目次

「甘え」今昔
第1章 「甘え」の着想
第2章 「甘え」の世界
第3章 「甘え」の論理
第4章 「甘え」の病理
第5章 「甘え」と現代社会
付 「甘え」再考

著者等紹介

土居健郎[ドイタケオ]
1920年東京に生まれる。1942年東京大学医学部卒業。1950年‐52年アメリカのメニンガー精神医学校留学。1955年‐56年アメリカのサンフランシスコ精神分析協会留学。1961年‐63年アメリカ国立精神衛生研究所に招聘。1957年‐71年聖路加国際病院精神科医長。1971年‐80年東京大学医学部教授。1980年‐82年国際基督教大学教授。1983年‐85年国立精神衛生研究所所長。現在、聖路加国際病院顧問。医学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

43
甘えるという言葉は日本語独特のもの(7頁)。社会人類学者中根千枝氏は日本的社会構造の特徴をタテ関係の重視として規定されたが、甘えの重視として規定できる。偏愛的な感受性が日本社会でタテ関係を重視させる原因となっている(23頁)。日本人は自分が属する人の信頼を裏切ることに最も強く罪悪感を感じる。罪悪感は人間関係の函数(50頁)。同じことを繰り返して怨恨になる場合もあるが、裏切りタイプの人はいると思う。日本人は甘えを理想化し、甘えの支配する世界を以て真に人間的な世界を考えた。制度化したものは天皇制(64頁)。2016/02/01

rigmarole

32
印象度A-。秀逸な日本人論。名著です。鋭い洞察・分析の連続で、いちいち納得させられます。よく売れた理由がわかります。ただ正直言うと、日本語の語彙を何から何まで「甘え」の概念で分析しているあたり、多分に我田引水的に感じられるところもありました。後半は四国遍路をしながら少しずつ読み進めましたが、これはこれで面白い読み方だったと思っています。その日の朝に読んだ数頁の内容について、歩きながら日本人の気質について考える。それが様々な気付きを誘発し、またその日の人との出会いについて、一つの態度を提示してくれるのです。2018/07/03

よこしま

29
東電や原子力ムラらの責任の所存がないシステム、更には無関心から依存症に関して、何か掴めるのではないか?と思い借りてみました。著者が精神科医であることから、フロイトなどが出てくるあたり、完全に理解するには何度も読み直す必要はありかな。◆167頁「自分がない」にて核心的な部分を発見。日本人独特の集団と個人の箇所です。著者自身が病院を辞め責任の所在を示すことで執行部の自立を促すはずが、アイデンティティのない若い医師らは理解できず。少しなりに収穫あり。2015/02/08

ころこ

26
「強さ」「弱さ」という対立の中では、依存症は「弱さ」だといえます。依存症の「弱さ」は「甘え」と近いのではないか。別の視点ですが、昔から論じられている母性論は「甘え」と関係するのではないか。こんな漠然とした問題意識から再読してみました。優れた論考は時代を乗り越えますが、論の展開に問題が多いのは明らかです。それでも現在に本書が読まれ、否定的な意見にも関わらず多く言及されているのは、「甘え」という言葉に注目した慧眼によるところでしょう。多くの不満は以下の2点に集約されます。①欧米との対立に終始しており、コンプレ2018/07/19

ぽてち

25
難しかったー。許容されること前提としての「甘え」が正常な甘えで、そもそも自覚すらないもの。それ以外はひとりよがりな甘えっていうのはわかった!2019/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/503319

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。