福祉臨床シリーズ<br> 臨床に必要な社会保障―社会保障論

個数:

福祉臨床シリーズ
臨床に必要な社会保障―社会保障論

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 222p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784335610349
  • NDC分類 364
  • Cコード C3347

内容説明

生活上のリスクに対応するためのさまざまな視点を提案。制度としての社会保障の理解にとどまらず、どのような視点から臨床に活かしていけばよいのかを考察。

目次

序章 社会保障と臨床の関係性
第1章 社会保障とは何か―その考え方と構造
第2章 社会保障の方法と財源構成
第3章 わが国の年金保険制度の現状と課題
第4章 わが国の医療保険制度の現状と課題
第5章 わが国の介護保険制度の現状と課題
第6章 わが国の労働保険制度の現状と課題
第7章 公的扶助と社会福祉制度
第8章 社会保険と民間保険
第9章 社会保障の管理及び実施体制と専門職
第10章 現代社会における社会保障の現状と課題

著者紹介

阿部重樹[アベシゲキ]
東北学院大学経済学部助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)