おちゃめに100歳!寂聴さん

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

おちゃめに100歳!寂聴さん

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月28日 15時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784334979607
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「こうなったら100歳まで生きる!」95歳を迎えた瀬戸内寂聴さん。年齢差66歳の秘書が元気と才気の秘密を語る!

内容説明

66歳年下の秘書の私が「日々若返る」先生の秘密を明かします。

目次

寂庵の一日―あなたの寿命が縮んで、私が延びる~
縁―「わたしなんか」という人間はいらない。あなたはこの世に一人だけなのだから
一生現役―書くことに命をかける
戦争、そして覚醒―自分がやろうと思えば何だってできる
寂庵の食卓―お肉食べないと、書けない
初めての試練―いいときも、悪いときも続くことはないの
若返った!―若き日にバラを摘め
恋のこと―理屈じゃないのが本当の恋愛
緊急入院―もう、100まで生きるよ!
若草プロジェクト―自分のことばかり考えてはダメ。自分と日本、自分と世界、自分と宇宙。といつも意識しなさい
天台寺―私は人にパワーを与えていると思っていたけれど、違ってた。同じだけ出会った人から私がもらっている

著者等紹介

瀬尾まなほ[セオマナホ]
瀬戸内寂聴秘書。1988年2月22日生まれ、兵庫県出身。京都外国語大学英米語学専攻。大学卒業と同時に寂庵に就職。3年目の2013年3月、長年勤めていたスタッフ4名が退職し、66歳年の離れた瀬戸内寂聴の秘書として奮闘の日々が始まる。困難を抱えた若い女性や少女たちを支援する「若草プロジェクト」理事も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

machi☺︎︎゛

96
最近テレビでよく瀬尾さんを見るので気になって読んでみた。とてもわかりやすい文章で寂聴さんにたいしての愛情の深さがわかる素敵な本だった。2人の掛け合いも信頼しきっている同士だからこそできるもので、66歳も差があるとは思えないような楽しいものだった。寂聴さんには長生きしてほしいな\( ˆoˆ )/2019/01/02

美登利

95
あまりテレビを観ないせいか、この秘書の方を知りませんでした。寂聴さんの法話やドキュメンタリーは観たことがあったのに。一度は聞きに行きたいと思っていますが、抽選に当たるのも難しいようで無理でしょう。寂聴さんはあまり弱音を吐かない方だと思っていたのですが、出るわ出るわ本当にビックリでした(笑)まなほさんと対等にやり合う寂聴さんの可愛らしさとまなほさんの飾りっ気のない文章で寂聴さんの生活、活動、まなほさん自身が変わっていく様が分かります。お互いにこんなにも必要としている結びつきって本当に有るものなんですね。2018/09/26

あすなろ

91
寂聴さんの美人秘書に興味ある訳でなく、純粋に寂聴さんの毎日の活動や仕事のスタイルを知りたく家にあった本を読了。物凄く明るくてポジティブで。ただ、齢による体力不足や身体の不調にはやはり弱気になるのは当たり前。それを若い女性からパワー、否、違う新しい感性を得てまた歩き出しているのだろう。そして根底に定命という考えぎあるからでもあるのだろう。人間は産まれてからいつ死ぬか予め決まっていて、そしてそれについて本人は全く分からないのである。全くその通りと僕も頷く。だからこそパワフルにポジティブに生きるのだ。2019/07/22

Ikutan

68
95歳の寂聴さんの日々を66歳年下で秘書の瀬尾まなほさんが綴った一冊。ジェネレーションギャップも何のその。まなほさんの言葉や考えに好奇心いっぱいの寂聴さんとなんの気負いもなく話しかけるまなほさん。とても素敵なコンビですね。二人の会話は楽しくて、そしてそれを楽しんでいる二人の様子が、篠山紀信氏の写真と共に伝わってきて微笑ましい。まなほさんの文章は飾り気がなくて真っ直ぐ。だからラストの手紙は泣けちゃったよ。まなほさん、寂聴さんに会えて本当によかったね。お二人のこの時間が少しでも長く続きますように。2018/06/24

あん

67
瀬戸内寂聴さんの「いのち」とあわせて図書館で借りました。二人の関係が新鮮でとても面白く、一気に読了。日々笑って生活することが、どれだけ明日への活力になるか、改めて痛感しました。まのほさんがいるお陰で、寂聴さんはまだまだお元気で執筆されることと思います。仲睦まじいやり取りに温かい気持ちになりました(*˘︶˘*).。.:*♡2018/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12453729
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。