草葉の陰で見つけたもの

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784334926168
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

強盗をして糊口を凌ぐ“俺”は、ある日、偉い人の屋敷に盗みに入るが、あっという間に捕らえられ、首を刎ねられる。意識を取り戻すと、生首になってしまった自分がいた…「草葉の陰で見つけたもの」。電流を流され、久しぶりに機能した“私”は、ある人物に雇われる。与えられた仕事は、雇い主一家の生活を補助すること。派遣先の家には、二人の少女が待っていた。「電子、呼ぶ声」。新人賞受賞作「草葉の陰で見つけたもの」に加え、中編「電子、呼ぶ声」を収録。

著者等紹介

大田十折[オオタトオル]
1986年、神奈川県生まれ。神奈川工業高校卒。2007年、株式会社ポンパドウルを退社後、本格的な執筆にとりかかる。二十歳の時に初めて書いた小説「草葉の陰で見つけたもの」で、いきなりの新人賞受賞となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。