素敵な日本人―東野圭吾短編集

個数:

素敵な日本人―東野圭吾短編集

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月22日 00時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784334911515
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報



東野圭吾[ヒガシノ ケイゴ]

内容説明

たとえば、毎日寝る前に一編。ゆっくり、読んでください。豊饒で多彩な短編ミステリーが、日常の倦怠をほぐします。意外性と機知に富み、四季折々の風物を織り込んだ、極上の九編。読書の愉楽を、存分にどうぞ。

著者等紹介

東野圭吾[ヒガシノケイゴ]
1958年大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。1985年、『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞してデビュー。1999年、『秘密』で第52回日本推理作家協会賞を受賞。2006年、『容疑者Xの献身』で第134回直木賞と第6回本格ミステリ大賞をそれぞれ受賞。2008年、『流星の絆』で第43回新風賞を受賞。2012年、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞を受賞。2013年、『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞を受賞。2014年、『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんごろ

770
◯笑小説シリーズのような軽さを感じますね。ミステリーあり、ほっこりあり、どの短編も東野圭吾流の落としどころ、あるいは心地いいブラックな感じもあり、モヤモヤ感もなく面白かったです。収録された作品では、ミステリー系の短編より、ほっこり系の短編が好きでしたね(^^)登場してくる全ての人物が素敵な日本人なのか、これらを書きあげた東野圭吾さんが素敵な日本人なのか、どう思うかは、あなた次第です(^^;)2017/05/07

starbro

764
東野圭吾は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者オススメの寝る前に1編ずつではなく、一気読みしました。久々、東野圭吾クオリティの短編集でした。オススメは『正月の決意』、『レンタルベビー』、『水晶の数珠』の3本です♪♪♪2017/05/11

ウッディ

686
ミステリー、近未来SF、ハートフルストーリーとバラエティに富んだ、東野圭吾の幕の内弁当と言った感じの短編集でした。正月、バレンタイン、雛祭りと続いたので、日本人の好きなイベントにちなんだ物語を集めたのかと思ったけど、後半は違ってました。印象的だったのは「レンタルベビー」もう少し短かったら、星新一のショートショートと間違うような内容で、意外な東野さんを知る事のできる一冊でした。‥けど、日本の良さについてのエッセイかと思わせる、この「素敵な日本人」というタイトルは???でした。2018/03/25

OCEAN8380

522
東野さんの短編集。どれも面白かったがやっぱりミステリーが一番面白かった。安定感ありますね。2017/07/23

こうじ

516
感想書いたのに消えちゃうよ〜^_^;✨✨✨3/5 面白かった(*^_^*)全て短編集。1日1話ずつ読んで読了しました。最後の数珠が印象に残ったなぁ^_^親父っていいね!他のも楽しかったよ。^_^2017/04/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11615450

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。