ポイズンドーター・ホーリーマザー

個数:

ポイズンドーター・ホーリーマザー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 05時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784334910945
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報



湊かなえ[ミナト カナエ]

内容説明

女優の藤吉弓香は、故郷で開催される同窓会の誘いを断った。母親に会いたくないのだ。中学生の頃から、自分を思うようにコントロールしようとする母親が原因の頭痛に悩まされてきた。同じ苦しみを抱えた親友からの説得もあって悩んだのだが…。そんな折、「毒親」をテーマにしたトーク番組への出演依頼が届く(「ポイズンドーター」)。呆然、驚愕、爽快、感動―さまざまに感情を揺さぶられる圧巻の傑作集!

著者等紹介

湊かなえ[ミナトカナエ]
1973年広島県生まれ。2007年、「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞。’08年、受賞作を含む連作長編『告白』でデビュー。同作で’09年、第6回本屋大賞を受賞。’12年、「望郷、星の海」で第65回日本推理作家協会賞短編部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

841
湊かなえのイヤミス短編集。 女同士の心の奥に潜むイヤな面を 抉るように描く.. 定番の独白形式がつづく、湊かなえ健在の 物語である。ざわざわと胸が騒ぐような感覚.. だが、正直似たような展開の連続は食傷気味の 感が強い..それにしても異常なまでの母の 娘への執着は少子高齢化の今の断片を 描いているのかもしれない。2016/09/10

starbro

821
湊かなえは、新作をコンスタントに読んでいる作家です。第155回直木賞候補作5作目(5/6)です。イヤミス短編集、表題作の連作、「ポイズンドーター」&「ホーリーマザー」がオススメです。昔から毒親は存在していたんだと思いますが、現在は子供の数が少ないので、一人当たりの親毒量が多いんでしょうネ。湊かなえには本作のような短編集ではなく、「告白」のような長編傑作イヤミスで直木賞を受賞して欲しいと願っています。2016/06/25

風眠

742
立場や感じ方が違えば、受け取り方も印象も変わる。それぞれの言い分があり、それが理屈では割り切れないから、感情は複雑になり、時に悲劇となる。人の心の中は分からない。はたから見ただけでは分からない、それぞれの苦しみがあり闇がある。明と暗、そのどちらも持ち合わせているから、人は時に目が見えなくなり、耳も聴こえなくなって、自分の正論をぶちかます。憎しみを隠し、嫌悪を隠し、表と裏の顔を使い分ける。姉妹関係、男女関係、友人関係、そして母と娘。人の数だけ真実はある、それぞれの真実がある。湊かなえ全開、真っ黒な短篇集。2016/10/27

ウッディ

718
イヤミス感満載の短編集でした。自分への行動や言葉を善意に解釈するか、悪意と捉えるかは自分の心持ち次第で、逆に自分がかけた思いやりの言葉の受け取られ方も相手の気持ち次第。湊さんの物語には、心の表面を剥ぎ取り、もう少し心の奥の気持ちをえぐり出すから読んでいてヒリヒリする。毒親と毒娘の葛藤を描いた2編も印象的だが、大量殺人犯に対する自分の責任を悔いる女性の勘違いを描いた「罪深き女」がイヤミスの真髄っぽい感じだった。他人の心の内は明らかにしないほうが、心安らかで幸せに生きられるような気がする。2018/12/07

まちゃ

539
人間の憎悪や嫉妬、軽蔑などの暗い感情を登場人物一人ひとりの感じ方や見方のギャップで際立たせた湊さんらしいイヤミスでした。普通に面白かったですが、新鮮味は感じませんでした。2017/01/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10985586

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。