光文社知恵の森文庫<br> カラー版 春画四十八手

個数:

光文社知恵の森文庫
カラー版 春画四十八手

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年05月10日 02時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 205p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334787509
  • NDC分類 721.8
  • Cコード C0121

出版社内容情報



車浮代[クルマ ウキヨ]
著・文・その他

内容説明

「四十八手」がエロティックな意味を持つようになったのは江戸時代初期。仕掛け人は『見返り美人』の作者として有名な菱川師宣。『恋のむつごと四十八手』を刊行し、後世に続く春画のスタイルを作り出す。本書は、元祖「菱川版」を紹介しつつ、のちの浮世絵師たちの作品にその影響を探る。「日刊ゲンダイ」の人気連載『春画のウラ側』、待望の文庫化。

目次

第1章 菱川師宣「恋の四十八手」と江戸の性愛の変遷(第一図『逢夜盃』;第二図『思比』;第三図『明別』;第四図『ぬれなづけ』;第五図『四手』 ほか)
第2章 時代劇の中の性と春画―若殿から遊女まで(若殿の筆おろし;姫君のお輿入れ;遊女の品定め;夜這いの方法)
終章 より深い鑑賞のために春画のギモン

著者等紹介

車浮代[クルマウキヨ]
時代小説家/江戸料理・文化研究家。国際浮世絵学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。